05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【2012/02/15(水) 第4回 国会 東京電力福島原​子力発電所事故調査委員会】文字起こししました 5/5 

2012/02/15(水) 第4回 国会 東京電力福島原​子力発電所事故調査委員会 斑目氏の答弁内容を文字起こししています
(協力 50男さん)

【参考人】
 斑目春樹 原子力安全委員会委員長
 寺坂信昭 前 原子力安全・保安院長

ニコニコ生放送をごらんになれない方はこちらから
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41555

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:14:45

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【シビアアクシデントと法改正】

――はい、いまちょっと、ひとつ戻って、さっき言った、
今、石橋先生がおっしゃった立地検査指針のところがね、
仮想の事故にしろ重大事故にしろ、今回はまったく想定外じゃないけど、
まったくレベルが違うわけですよね。だからそういうところまで、戻さないと、
今度の、さっきおっしゃった、新しい法律を作ろうとしているってのは、
そこまで考えてるんでしょうね。

――要するに、今まで、日本では、シビアアクシデントは、
これは事業者が自主的に対策を打っとけばよくて、
規制の対象外だったんです。


――あ、そうなんですか。

――しかし現実にシビアアクシデントが起こったわけです。

――うん。

――したがってこれからは、シビアアクシデントも
ちゃんと規制のなかに入れますと、いうことに、
今度の法律改正案はなってるというふうに理解してます。


――事業者の責任?

――いや、違います。今度は規制もちゃんと関与する。

――今までは事業者の責任だったんですか。

――ええ、ですから非常に変なことが起こってまして、
たぶん田中先生、詳しいと思いますが、
例えばベントのための配管というのは、
これは敷設行為の対象にすら、これはなってないんです。


――それはそうでした。それは最近ですよね、もっと後の話でしたね。

――えーと、今もたぶん、なってないんです。
で、根本的に見直さなきゃいけない……


――そうですね。

――……ところです。

――わかりました。
ありがとうございました。それではその次に健康被害問題について、
それでは崎山委員と横山委員、お願いしますね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:16:14

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
崎山比早子(医学博士、元放射線医学総合研究所主任研究官)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【住民の健康被害】

――委員の崎山です、よろしくおねがいします。
安全委員会では住民の健康被害の方針について、
どの程度の優先順位で考えられていたんでしょうか。

――ど、どの程度のと、とにかく住民の健康被害を起こさないこと、
それはもう第一優先順位だというふうに考えております。


――第一……。それで、そのためには、
どういう施策というか指示をなさったんですか。

――例えば、住民避難の話は、これは私がしたのかどうか、
ちょっと本当にわからない、形で行われています。
で、しかし、3キロ、10キロ、20キロという形で
行われている、これが第一点ですね。
あとは、原子力安全委員会というのは、こういう事故が起こった後は、
基本的に助言機関ということになります。
それで、原子力災害対策本部のほうから、
いろいろな技術的な質問事項がやってきます。
それに対して、どんどんどんどん回答してると、
いうことを、やっています。で、そのなかには、
例えば、ヨウ素剤なんかの服用についての質問もたぶんあったはずですし、
それから、例えば、スクリーニングっていって、
いろいろ放射性物質で汚れている人をどう対応したらいいかというような
質問もあったでしょうし、そういうような沢山の質問に
次から次へと答えていた、これが原子力安全委員会の対応でございます。

【ヨウ素剤の配布】

――ヨウ素剤の配布ということについて、助言なさったわけですね。

――はい、してると思います。

――それは末端までちゃんと届いたんですか。

――未だもって、原子力安全・保安院のほうに問い合わせますけど、
回答がございません。原子力安全委員会としては、やっぱり、
そういう緊急時助言組織の鈴木元先生がヨウ素剤を服用させなさいよという
助言を与えてるらしいんですが、
それがどっかで消えてしまっているという……


――それはどうしてなんでしょう。

――原子力安全委員会のほうではわかりません。
もうしわけございません。


――そういうシステム、避難所で渡すと、そういうシステム自体の
問題っていうことにはならないんでしょうか。

――まさに、おっしゃるとおりで、こういうときに、
ヨウ素剤を、一度集まってもらって渡すなんていうのは、
机上の空論に過ぎなかったと思っております。
そういう意味では、少なくても、発電所のほうの状況が差し迫ったときに
すぐに逃げていただくような範囲の方には、各戸配布を
あらかじめしておくとか、そういうようなことも含めて、
現在の防災指針なんかの見直しをやってるとこでございます。


――見直しをやっていると……

――はい。

――……あの、いちばん始めに安全委員会ヨウ素検討会でも
そういう案は出てたはずなんですけれども、
すぐ消えてしまったという感じ……
私はヨウ素検討委員会で傍聴してたことがあるんですけれども……

――えーと、いつの、ですか。聴いてらっしゃっ……

――いちばん始めのヨウ素剤検討委員会です。

――ヨウ素剤検討委員会というの……、安全委員会のほうですか。
防災委員会……


――安全委員会の、ええ。

――医療……分科会、でしょうか……

――ええ。

――はい。いいや、消えてないと思います、各戸配布……

――いえ、そのときは消えて、今、各戸配布してませんよね。

――はい、今はしてません、はい。

【100ミリシーベルトと健康被害】

――えー、それからですね、4月11日に安全委員会は
100ミリシーベルトは健康への影響はないというふうにしていました。
で、衆議院の科学イノベーションの委員会で、安全委員会の委員が、
100ミリシーベルトで被曝すると生涯0.55パーセントの癌死率が
上乗せになる、ということをおっしゃいました。
で、4月の時点の見解で、それを5月に変えて、それで10月の修正ということは、
ホームページで修正してあるわけですけれども、
こういう基準のアドバイスというのは、どなたがなさっているのでしょうか。

――基本的には原子力安全委員会では久住先生が
その分野の専門家ということになってございますが、
当然その後ろには、多くの専門委員の方が付いて、
そういうような文書を作成してございます。


――原子力安全委員会のなかの専門委員が、そういうことを考えてらっしゃる。

――原子力安全委員会……、
専門委員というのは他に職業もってらっしゃる方ですが、
そういう方に一緒になって考えていただいてるという実情でございます。


――それじゃ、4月の時点の、発癌はないというような見解というのは
過小評価だったということですよね。そうすると。

――4月の時点で癌の発生がないと……

――健康への影響はないということは、
ホームページにあったわけですけど。

――あっ、すいません、私、ちゃんと把握してないんですけども、
もしそういうのがあったとしたら当然それは間違いだと思います。


【原発作業員の線量限度】

――で、今度は労働者の被曝のことに関してですけれども、
東電の幹部から、労働者の、放射線作業従事者ですね、
それの線量限度を100ミリから250ミリシーベルトに上げると
いうことを相談されて、250ミリシーベルトに上げられましたね。
で、その根拠は、どういうことですか。

――根拠は、これは ICRP の勧告によりますと、こういう非常事態の場合には、
500ミリシーベルトから1000ミリシーベルトというのが
基準になってございます。さらには志願者については上限なし
というルールを適用している国もございます。
で、私がやったことといいますか、原子力安全委員会というのは結局、
助言する組織ですから、そういうふうな東電からの申し出に対して、
それに対しては ICRP などではこういうふうになってますということを説明して、
実際の省令改正等々は、これは規制行政庁のほうで行われたもんだ
というふうに理解してます。


――線量を上げる以外に、方法を検討されたのでしょうか。

――その場では、どういう状況になっていたかというと、
実は、非常事態の場合は100ミリシーベルトまでだと、
法律違反にならないような、東京電力としては
50ミリシーベルトで運用せざるをえないと。
で、そうすると一切作業ができなくなってしまいますと、
いうことで、ぜひ国際水準に合わせていただけないでしょうか、
という申し出があったので、国際水準はこうなっているのだという
解説をしたと記憶してます。


――ということは、放射線作業従事者の数が少ないと、
技術者の数が少ないということなんですか。

――いえ、違います。一回の作業で、へたをすると、
50ミリシーベルト以上浴びてしまうような作業は
もう一切できなくなるということになるので、
それに……、まっ、これは万々が一のことですね、
万々が一のときでも法律違反になるようなことはできないとなると、
本当に手足を縛られてしまって、どうしようもなくなるので、
国のほうで、法令を少し、考えてくれないかという申し出があったんだと
理解してます。


――それで250ミリシーベルトに上げてから、
労働者の放射線管理というのが少し杜撰になったという
声も聞こえるんですけれども、
きっちと、その250ミリというのが守られるように、
どのような指導をされているんでしょうか。

――結局、具体的な指導というのは、
これは規制行政庁のほうにお尋ねいただきたいんですけれども、
作業者の放射線管理というのは大切なので、
いろんな形で、原子力安全委員会のほうから、原子力災害対策本部のほうに、
助言はしてるはずだと思います。


【食品の暫定基準値】

――次に、食品のことについてなんですけれども、
3月17日に厚生労働省が決めた、食品と飲料水に対する基準ですけれども、
その基準値についてどういう評価をされていらっしゃいますか。

――どういう評価、ま、あの、原子力安全委員会としては、
いつまでも暫定基準が使われている、原子力、あの、暫定基準値ってのは、
これは原子力安全委員会が定めたところの防災指針に書かれている値なんですが、
それがいつまでも使われるのは好ましくないと思ってましたので、
ちゃんと厚生労働省のほうで然るべき値を決めてくださいと、
ずっと申し上げていたところ、値が出てきたものですから、
それはそれで結構だと思っているところでございます。


――それで、下げるということに関しては、こないだ答申で出た、
それはずっと方針としては守るということなんですか。
100ベクレルと。

――原子力安全委員会としてどう考えるか、ですか?

――ええ。

――原子力安全委員会としては、
ちゃんと厚生労働省のほうで定めたんだったらば、
それにしたがってきちんとやっていただきたい、
もうそれに尽きるということです。


――で、この暫定基準なんですけれども、500ミリという、
現在やられている基準ですね、それは放射線障害防止法で、
クリアランスレベルというのがあると思うんですけども、
原発を解体したときに、100ベクレル・パー・キログラムですよね、
そういうことですと、暫定基準値っていうのは、
そのクリアランスレベルよりも高いということですよね。

――えっ? ええっとですね、ちょっとその、私自身が
よく理解できてませんけれども、要するに、えーとですね、
クリアランスレベルというのは、もう管理を外しても結構ですよと
いう値でございます。で、いろいろな工業製品、農業製品、
いろんなものありますけれども、そういうのに対して、
管理を外してもいいという基準でございます。
それから食品のほうの安全性に関しては、
これは天然の放射性物質、カリウム40などが、私自身もあって、
私自身も大体、放射線源になってございますので、
それとの比較で議論しなきゃいけないというところなので、
ちょっとその比較が違うんではないかという気がしますけれども。


――それは自然放射線よりプラスに入るわけですからね、
カリウムや何かよりは、食べるもので入るわけですからね。

――はい、ですから、したがって、十分、カリウム40による影響に比べ、
十分無視し得るぐらい小さい値に定めていただければ結構だということで、
そういうふうになっていると私は理解しています。


――でも、今の基準ですと、4月に変われば別ですけれども、
放射線廃棄物扱いにしなければならないようなものも
国民が食べさせられているということになるんじゃないかと思うんですが。
その点、いかがですか。

――いやちょっと、すいません、あの、えーっと、
そこまでちゃんと計算してないのでわかりませんけど、
そうはなってないと思います。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:29:00

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)



――これ、それじゃ、また後で……、あ、横山さん?


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:29:03


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
横山禎徳(社会システム・デザイナー、東京大学エグゼクティブ・
マネジメント・プログラム企画・推進責任者)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【被曝の閾値の有無】

――こういう議論がありますと、何ミリシーベルト以下だ以上だっていう、
ただこの放射線っていう、こういう議論をしますと、あたかもこう、
閾値があるように思う方もおられるように思うんですが、このへんは、
委員長はどういうふうにお考えでしょうか。

――原子力安全委員会としては、閾値はないといういうことで、
ずっと発言しているつもりでございます。それで、結局、
不幸にして現在、現存被曝状況という状況にあるわけで、
しかしながらこれを計画被曝状況っていいますか、
年間1ミリシーベルト以下になるように、努力し続けなきゃいけない、
そういうことになっていますので、
閾値がもっと高いところにあるかもしれないという議論は一切なしに、
やっぱり最終的には年間1ミリシーベルト目指して、
最大限の努力をすべきである、これが基本的な考え方でございます。


――ということは先ほど決定論から確率論へとおっしゃったということは、
ここから以下はいいんだとかいうことではなくて、どの場合にも……、
それとはちょっと違うお話なんですか。

――あ、まったく違う話です。
すいません、健康影響のほうとはまったく別にですね、
どういう事故を考えなきゃいけないかというときに、
何か直径が60センチもあるような配管がバカッと切れることまで
考えてるんだからもういいでしょ、とは言わないで、
もうちょっと現実的にどういうことが起こり得るのかというのを
全部洗い出して、そういうのの確率もちゃんと計算して、
そうした上で、こういう事故に備えるようにしましょうという、
そういうふうな方針に変えるべきであるということを
申し上げたつもりでございます。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:31:06


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【食品の汚染】

――今の、たぶん、ひとつは、放射性の廃棄物ですね、
放射性廃棄物の処分をするときに、セシウムで言うと
100ベクレル・パー・キログラム以上であれば、
これは放射性の廃棄物だというふうに定義することになってんですね。
ところが食品について今回の厚生省から出たのは、
例えば同じセシウム、放射性のセシウムで言うと、
飲料水、牛乳、乳製品は200ベクレル・パー・キログラム以上は
やめなさいと、それから野菜類その他では500ベクレル・パー・キロ、
ちょと放射性廃棄物よりはるかに高い値を食べてもいいのかねという話に
解釈されるのじゃないかなと、まぁ、後で、調べていただいて、
ちょっとご返事いただけないかなと。

――うーん、はぁいっ、すいません、ちょっと勉強不足で……

――だと思いますので、そのへんまた、ちょっと帰っていただければ
よろしいかと思います。早急に提出しなきゃいけないのかなと
こちらも思ったもので、そういう質問が出たのだと思います。
最後に石橋先生からひとつ。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
放送時間 01:32:05 から

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
石橋克彦(地震学者、神戸大学名誉教授)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【健康被害の防止は本当に優先されるのか】

――すいません、ちょっとひとつ。このお話の最初に、
原子力はもちろん住民の健康被害の防止を第一に考えてますっていう
主旨のことをおっしゃったと思うんですけども、
いやそれが、本当かなって言っては失礼ですけれども、
というのは、また立地審査指針に戻りますけども、
立地審査指針の基本的目標というところに、
「万一の事故時にも公衆の安全を確保し」
と書いてありますけど、その次に、
「かつ原子力開発の健全な発展を図ることを方針として」
と書いてあって、やっぱりこれはこう、秤にかかって、
必ずしも住民の健康第一では、これまで必ずしもなかったではないか
という、これは多くの国民が思ってると思うんですよね。
で、いや、これは斑目委員長個人に申し上げてるわけではありません。
やっぱりこのへんも福島の事故を踏まえて痛切に反省していただく、
いかなければいけないと思うんですけれども。

――原子力基本法も、まさにそういう書き方をしてございまして、
ここも含めてしっかり国会でも議論がされるものと
期待しているとこでございます。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:33:18

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【原子力安全委員会の後継組織について】

――本当に、今日は本当にありがとうございました。
委員としても先生とフランクな意見の交換ができて
本当によかったなと思います。
今回の事故というのは本当に皆さんも
あまり予想しなかっただろうと思いますが、
委員長として原子力安全委員会としては、
その目標をそれによって何か達成された、
とは言いにくいのかもしれないけど、
その次に、いろいろ変わってきましたよね、
いろんな意味で社会も変わってきたし、
今度、法律も変わってくるという話ですが、
これをどういうふうに、先生としては、委員長としては、
引き継いでいくのか、それから今の先生のスタッフもそうですけど、
どうやって、やっぱりそれぞれの適材適所っていうのが
すごく大事だと先生はおっしゃったけど、
そうだと思うんですよね、私も。
そういう意味では、どういうふうにお考えかなぁというのを
ザクッと言っていただけるといいと思うんですが。

――これだけの事故を経験して、世の中が変わっている、
ということを、とにかく踏まえると、今までと同じように、
外国では気にしてるけど日本では起きませんよなんていう
そんな言い訳が通用しなくなっている。
もうこれ明々白々です。で、そういうなかで、きちっと
機能するような組織であり、制度であり、それを支える人であってほしいし、
そういうふうになることを、まさに国民全体で、きちっと
監視していかなきゃいけないというふうに思っております。
私自身はたぶん、立場は全然変わってしまいますけれども、
それをいろんな形で見守っていきたいと思っております。


【設置基準の見直しに伴う既存の原発の扱い】

――それから今日の先生のお話聴いてると、私もこの委員会も非常に、
今議論してると、意を強くするというか、同じ認識をしてるんですけれども、
日本は今まで原子力も技術立国であるという評判があって、
日本でこんなことが起こって、ということは
非常に信じられないという話をずいぶん聞きます。
で、しかもお互いにこれからこういう事故からどう学ぼうかということで、
委員会の問題、独立性の問題、人材の質の問題といったことが
非常に今、問われているわけで、そういう意味では確かに技術はそうだけれども
マネジメントその他のシステムの問題とかいうことは
かなりあからさまになってきたわけですね。
そうすると日本の原子力推進の基本にあるのは何なのかということは
向こうも日本語で書いてあることはかなり調査していますから、
そういうことから言うと、先ほど一時期出ましたが、立地審査基準というのは
昭和何年か、39年ですか、作られたことの問題も
ちょっと先生のご意見も伺いましたが、そういうことから言うとかなり、
今から考えてみると、日本がそういうのを作ったのは、
明らかにアメリカのルールをまず最初は採用しながら、
先生がおっしゃったように、いろんな事故から学んで、どんどん
きつくしていくというプロセスがあったんだけど、
実はそれが結構ゆるかったんじゃないかという話は、
日本だけではなくて世界が注目してる、しちゃってることですよね。
だからそれに対応できないかぎり日本の国の信用が
なかなか大変だろうなと思うんですが、そういうことから言うと、
あの設置基準そのものから言うと、
意外に、元のところから、合わないところが結構あるんじゃないかと、
もう建てられちゃってるんじゃないかという話も、
あるルールのもとではたぶんできてるのかもしれないけど、
実際はかなりモディファイされたものを入れただけで、
そこからちっとも進んでないということは
結構わかるんじゃないかと思うんですが、
そういうことから言うと、発電所がいくつもあるかもしれないな
ということなどは先生のご専門から言うと、どう思われますかね。

――まさに、これから、しっかりと、たぶんストレステストってのも
行われるんでしょうし、指針類の根本改正も行われると思いますけれども、
それに合わない炉は当然、廃止していく、そういうなかで、
本当に、総理がおっしゃったように、世界最高の安全水準っていうのを
目指すんだと、いうところの決心をもう一度、しなおす必要がある
というふうに思っております。


――そうですか。ありがとうございます。
世界一の安全ということもそうなんだけれども、
事故が起きたときはやっぱり国民なり住民の安全と避難ということを
やっぱり考えないといけないという話ももうひとつ出てくると思いますが、
まあそんなことより本当に今日は、斑目委員のフランクな意見を
伺わさしていただきまして、どうもありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

以上、斑目氏の箇所になります。長々と読んで頂きありがとうございました
おつかれさまでした


1/5はこちら
2/5はこちら
3/5はこちら
4/5はこちら

50男さん ありがとうございました
関連記事

category: 原発情報

tag: 原子力安全委員  事故調査  斑目  文字起こし 
cm 3   tb 0   page top

コメント

この書き起しを行ってから、一ヵ月半の時日が過ぎ、新たな展開が生じた。
ひとつは、関電をスポンサーとする関西のテレビ局による班目潰しキャンペーン。
もうひとつは、その逆に、斑目氏の主張をなぞった形での、京都・滋賀の知事による大飯原発再稼動への牽制。

今は斑目氏を擁護し、立場を守り、言いたいことを言わせるべきである。単に班目憎しで班目潰しに加担する人は、大飯原発を始めとして、原発再稼動・原発推進に利用されることになる。

斑目氏は国会事故調において官僚制を批判し、事業者(電力会社)を批判した。政府(保安院)にとっても事業者(東電、関電、その他)にとっても班目氏は敵となった。そのことは、政府にとっても事業者にとっても明らかである。斑目氏が安全委員会の委員長に留まりつづけることは、保身ではなく、抵抗である。

斑目氏が現在、安全委員会でやっていることの効果は、京都・滋賀の知事による保安院への抵抗で多少とはいえ表れている。「二次評価まで行ってほしい」。一次評価は原発が平常に運転できるかどうかの評価、こんなのはクリアできて当たり前である。それに対して二次評価とは東日本大震災のような災害が起きたとして、あるいは原発を狙ったテロが起きたとして、しかもそういう災害・犯罪・事故が起きた上でなおかつ、安全かどうかを問う評価である。班目氏はその安全性を安全委員会委員長として問うている。
50 #- URL [2012/03/31 05:50] edit

今、推進派がやりたいこと、それは斑目氏を吉外扱いして抹さつすることである。なぜかといえば、第一には原発再稼動への抵抗をなくすことができるからであるが、それだけではない。斑目氏に発言権のあるままにしておけば、後々何を証言されるかわからないからである。班目氏はある意味、自由な立場である。官僚でもなく電力会社社員でもない。学者という第三者で原発に関わってきた。学者という第三者的な立場で、金や権力の汚い現場を見尽くしてきた人間なのだ。何を証言されるか、わかったもんじゃない。(班目さんがいるところで、ボクはこんなこと言ってしまったんだよ、ビクビク、という人間が山ほどいる。)だから、原発推進派・原発利権屋は、班目氏を人格攻撃して、何が何でも吉が胃にしたてて、斑目氏の発言そのものが信用できないようにしたい。

国会事故調の参考人に立ったとき、班目氏はかなり記憶を失っておられたようだ。しかし、彼が今後、安全委員会委員長としての責務を全うしたあかつきには、ほとんどの記憶を回復されるのではないかと思う。今は斑目氏に、原発再稼動阻止のために存分に働いていただき、その後は記憶回復とともに様々な事案の告発の証人として活躍していただきたいと思う。
50 #- URL [2012/03/31 05:58] edit

Re: タイトルなし

>>50っち

その節は書き起こしお疲れ様でした

斑目氏に関しては全面的に同意見だなぁ
斑目叩きをして追い出す意味ってのがあるわけだから、表面だけじゃなくて深い部分も考えなきゃっておもう

東電の解体にしても、とにかく解体してやめさせればいいってもんでもないと思う
これに関してはイマイチ意見がまとまってないんだけど
企業がなくなった時点で責任問題がどうなるんだろうなぁ

まぁ、どの問題にしても簡単ではないわなぁ
なゆ #- URL [2012/03/31 15:25] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/995-b75c0793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。