05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【2012/02/15(水) 第4回 国会 東京電力福島原​子力発電所事故調査委員会】文字起こししました 4/5 

2012/02/15(水) に行われた第4回 国会 東京電力福島原​子力発電所事故調査委員会 斑目氏の答弁内容を文字起こししています
(協力 50男さん)

【参考人】
 斑目春樹 原子力安全委員会委員長
 寺坂信昭 前 原子力安全・保安院長

ニコニコ生放送をごらんになれない方はこちらから
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41555


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
放送時間 01:07:20 から

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
野村修也(中央大学大学院法務研究科教授、弁護士)


――ちょっとよろしいですか。

――はい、はい。どうぞ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
放送時間 01:07:23 から

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
野村修也(中央大学大学院法務研究科教授、弁護士)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【福島原発事故の放射線量】

――すいません、何度もご質問で恐縮なんですけど、
今、ストレスとテストと安全指針類との関係について、
これは次元の違うものだってことはよく理解できたんですけれども、
もともと安全指針類のなかに仮想事故っていう概念がございますよね、
これは、起こらない事故ということ、で、起こった場合に、
どのぐらいの放射線量が出るのか等々、考えながら、
その周辺の避難住民の健康被害との関係で検討をしていくと
いう考え方だと思うんですが、今回、実際、この福島の事故では、
仮想事故で想定していた放射線量の何倍の放射線が出たんでしょうか。

――あーーー。
えーとですね、たぶん、100倍近く出てるんじゃないかと思いますけど、
ちょっとすいません、もっと出てっかもしれませんね。


――1000倍……

――1000倍出てるのかもしれませんね、あのちょっと、
すいません、あの、計算、ちょっとできないんで、ごめんなさい。


――私がちょっと間違ってなければ1000倍ぐらいの……

――ああ、じゃあ1000倍だと思います、はい。

――10000倍ですか? あ、ごめんなさい10000倍でした。

――とにかくすごいです、あの、考えたこともございませんでした。

――桁が違ったので、10000倍ですけれども……

――はい、あの、はい。

――起こりえない事故として計算していた放射線量の10000倍も
出てしまっているわけなんですが、それ、もともとの基準が
とんでもなく計算間違いってことではないんでしょうか。
そのことについての責任ってのは、ないんでしょうか。

――あのー、とんでもない計算間違いっていうか、むしろ、逆に、
敷地周辺には、被害を及ぼさないという、こと、の結果になるように、
考えられたのが仮想事故だと思わざるを得ない。
あのー、申し訳ございません、これ、定めたとき、私自身、
安全委員であったわけではないので、想像ですけれども、
もうこのあたりはもう、根本的に反省して、再出発するしかないと
思ってます。


――今おっしゃったことってのは
結局10000倍出るって計算から始めてしまうと
日本のこの国土の中では住むとこがなくなっちゃうというような、
そういう計算になっちゃうんですよね、おそらく。
距離からいけば。

――はい、そうです……

――てことは逆に言うと、このぐらいまで人が住んでもいいというふうに
逆算すれば、これしか出ないっていう計算をしたんじゃないかという
ご推察だという理解でよろしいですか。

――ええ、そのとおりです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
放送時間 01:09:31 から

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



――そりゃ、たぶんそういうことなんでしょうね。
立地の指針ということが、仮定がどっかでずれてきてしまった。
もとはたぶんアメリカと同じルールでやったんでしょうが。
いくつかの仮定の設定が、しっかり見直さなきゃいけないんじゃないかなと
思いますけど。そりゃ、やるんですかね。

――あ、あの、大体、立地指針なるものが必要なのかどうか、ちょっと
よくわからない、というのは、立地指針は非常に変な構造をしてまして、
基本的なことを考えたあと、今度は、いろんな詳細設計が済まないと、
最終的な解が出てこないという、非常に変な構造の指針になってますので、
もうちょっと抜本的な見直しが必要なんだろうなと……かとは思っています。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:10:23


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
田中三彦(科学ジャーナリスト)



――そりゃ専門家として何かありますか、石橋先生、田中先生か何か。
あります? いいですか、立地指針の話は。
いちばん最初の? ひとこと? 専門家だから。

――田中と申します。ちょっと、ベントのことについて、ちょっと
お伺いしたいと思いますが、

――いや、今、立地指針のことちょっと訊いたんだけど。
10000万倍の話……

――すいません、ごめんなさい。

――だめ? 誰も言う人いない?

――いや、今ちょっと別なことを。

――はい。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
放送時間 01:10:53 から

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
石橋克彦(地震学者、神戸大学名誉教授)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



――確かに、根本的に考え直さなきゃいけないと、
原子力安全委員長がお考えということは大変心強いわけですけれども、
要するに、どういうところなら建てていい、
どういうところなら建ててはいけないんだっていうことが、
もっとはっきりわかるように、明快なことを、
ズバッと決めればいいと思うんですよね。
それをあれ、本当に持って回った、しかもあれは1964年、
昭和39年ですよね、ですから、あれがいまだに生き延びていて、
それの改定を誰も、責任のある側が言い出さなかったってことが、
それがある意味では、そういうことが積もり積もって、
福島の事故が起こってしまったわけですよね。
ですから、今後も、組織が変わってもたぶんご要職に当たられる
可能性が高いと思いますから、ぜひお願いします。

――あの、たぶんその可能性はゼロだと思っています。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:11:46

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
田中三彦(科学ジャーナリスト)



――はい。えー、田中さん、ひとつだけ? はい。

――ちょっとひとつ……

――あ、そう。はい。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:11:50

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
田中三彦(科学ジャーナリスト)

原子力安全委員会委員長
斑目春樹



【ベントと水素発生についての認識】

――すいません、田中です。
ベントのことでちょっと確認だけさせていただきたい。
ベントというのはやっぱり放射性物質出すか出さないかという
非常に重要な問題だと思います。格納容器からですね。
聞き間違いでなければ、先ほどのご説明のなかで、
まずベントのことを思いついたっていうのが
3月11日の夜のことだったと思いますけれども、
そのときには減圧による注水のことを考えて
格納容器の圧力を下げようと思ったっていうふうに
おっしゃったように聞こえましたが、
それでよろしいですか。

――はい。そういうふうに考えてたと、思います。

――ということは、そのときは水素発生のことは
考えてらっしゃらなかったという意味ですか。

――その時点では、水蒸気がどんどんどんどん、要するに SR 弁から吹いて、
格納容器の圧力が上がってるもんだと思い込んでました。

――ただそれは、水蒸気が SR だと、どうして上がるんでしょうか、

――あの、どんどんどんどん、吹いて、それで……

――露出してしまいますよね。

――ええ、ですが、だんだん、格納容器のサプレッションプールの
水温が上がってって、それで蒸気発生が起こってんではないかと、
推察してました。明らかな間違いでした。


――そうすると、東京電力がその後考える、夜中に考えて、主導し始める、
準備をし始める、ベントというのとは、ちょっと意味が違ったベントを
考えてはった。

――そのとおりです。

――ああ、そうですか。

――はい、時間が違いますので。
ですから格納容器の実際に圧力が上がりだしたのは
たぶん夜中を過ぎてたと思いますけども、
そのあたりから私自身は相当に何かいろいろ
頭のなかでいろんなこと考えて不安になってたと思います。


――そうすると水素は、まだそのときには発生してなかったんだけど、
という理解をされておられて、その後だんだん水素のことが頭のなかに
めぐってきたという、そんな感じでしょうか。

――んんんんんー、ちょっとそのとき、とにかくいろんなことを考えてたんで、
何とも言えませんけれども、当然水素が、これは、
炉心が溶ければ水素が発生するのは、これはもう自明ですから、
水素のことに頭が行かなかったわけでは絶対ありません。
ただ、それがどの時点だったかというと、ちょっともう、
はっきり言えないのが実情です。


――もうひとつだけ、すいません、
静力学的動荷重の研究をたぶんなされていると思います。
今回は地震動と静力学的動荷重が重なるとか、
そういうようなイメージは一瞬お持ちになったことはございますか。

――今回に関しては特にはなかったですね。
そういうことよりも、全電源喪失という話をパッと聞いて、
で、そちらのほうの対策として、どういうことが打てるのかと、
いうことにばかり頭が行っていた、という状況です。


――ありがとうございました。


1/5はこちら
2/5はこちら
3/5はこちら
5/5はこちら
関連記事

category: 原発情報

tag: 原子力安全委員  斑目  事故調査  文字起こし 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/994-8d8746fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。