09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【島田市、被災がれきの試験焼却開始 最終判断は3月24日】 

情報元 静岡新聞 魚拓

記事内容

島田市による岩手県山田町の被災がれき(災害廃棄物)の試験焼却(溶融)が16日、同市伊太のごみ処理施設「田代環境プラザ」で始まった。木材チップが積まれたコンテナ周辺の空間線量率測定に細野豪志環境相(衆院静岡5区)と川勝平太知事、桜井勝郎市長が立ち会い、細野環境相は「安全性は十分確認できる」と強調、各自治体に広域処理への協力を呼び掛けた。

20120216yu_1men.jpg
早朝にJR貨物の静岡貨物駅(静岡市駿河区)から最終となる5台目のコンテナがトラックで到着した。細野環境相は川勝知事、桜井市長とともにブルーシートに置いた木材チップを手に取り、10センチほどの距離で空間線量率を計測。毎時0・07マイクロシーベルトと搬入前の数値と変わらないことを示した上で、「これは汚染廃棄物ではなく、通常の災害廃棄物だ」と報道陣にアピール。午前8時46分に溶融が開始され、中央制御室で作業を見守った。
 木材チップ約10トンに家庭ごみ約56トンを混ぜ、17日未明にかけて二つの炉で処理。飛灰や排ガスの放射能濃度などのサンプリング調査を実施する。
 一方、同プラザには試験溶融に反対する市民らが詰め掛け、受け入れ中止を訴えた。
 20日に市役所など7カ所で飛灰やデータを公開し、線量計で測定できるようにする。学者を呼んだ市民向けの説明会なども開く。桜井市長は3月24日までに出される全ての検査結果を踏まえ、岩手県大槌、山田両町のがれきの正式受け入れを最終判断する。


この市長は・・・市民に対して説明を行おうという姿勢が見受けられないんだが
実際のところはどうなんだろうか
「ゆっくり時間をかけて説得」と言っているが
どうもなし崩しに事を運ぼうとしているように思えてしょうがない

何かメリットでもあるのかなぁ?
本当に東北をどうにかしようと思ってガレキを運び込んだんでいるんだろうか

東北被災地のガレキより市民の家庭ごみから出る放射線レベルの方が高いという件に対してメールで質問をしてみたんだが、まだ回答がもらえていない。
やはりメールでは埒があかないなぁ・・・今度体調がいいときにでも電話してみようと思う

関西も他人事ではないしね、どこかの市長が張り切って受け入れるとか言い出してるし
ウチの市長も流されるように受け入れてしまうんだろう
ただ、ウチの市長は「だったら兵庫県の産物は買わなくていい!」だの「どこか行く時に兵庫県は通らないでくれ!」なんてバカな事は言わんと思うけどねw
関連記事

category: がれき

tag: 島田市  ガレキ  受け入れ 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/988-9cec771d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。