09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【科学的根拠が乏しく、東京都福祉保険局は立ち入り調査へ 福島の園児が受けた「(怪しい)毛髪で判る内部被曝検査」】 

情報元 現代ビジネス 魚拓1 魚拓2 魚拓3

記事内容

img_90cbc04c78fb49a73d328f5b8f3150d0115444.jpg

「9月初めに幼稚園から『髪の毛を検体として提出するだけで、内部被曝の検査ができる』との案内がありました。早速、息子の髪の毛を30本ほど切り、幼稚園を通して検査機関に送りました。1ヵ月後に送られて来た結果はシロ。よかった、と胸を撫で下ろしましたが、今になって科学的根拠に乏しいと聞きました。あの検査は意味があったのでしょうか」
このように戸惑うのは、福島県福島市の「みその幼稚園」に6歳の息子を通わせる30代の母親である。昨年夏、「毛髪で内部被曝の状態を計測できる」という検査が、福島県内の幼稚園や保育園で行われていた。検査費は最低でも一人8400円。福島市、いわき市の児童約120人が検査費を払って検査を受けたといい、これまで内部被曝が確認された児童はいなかったという。

img_93f1953d659167ecd5e69461f0548a1961324.jpg

しかし、1月27日、朝日新聞の報道をきっかけに、大きな波紋が広がることになった。冒頭の母親が言うように、その検査が科学的根拠に乏しいこと、日本保育協会の福島県支部が、詐欺の疑いもあると注意を呼びかける文書を県内の保育園に送ったことなどが報じられたのだ。この検査とはどんなものだったのか。

 用いられたのは、QRS(量子共鳴分析器)という装置。その上部に毛髪を20~30本置いて、ヨウ素やセシウムなど8項目の内部被曝の状態を測定するという(上写真参照)。QRSは、'95年にアメリカから伝わった設計図をもとに日本で完成され、〝波動〟を感じとることで、糖尿病や、がん、ストレスなどの状態を測定できるという。しかし、大阪大学サイバーメディアセンター教授で、朝日新聞の記事にもコメントを寄せた菊池誠氏は、QRSは医療装置として認可を受けておらず、やはり科学的根拠に乏しいものだと語るのだ。

QRSとは、米国の医師、アルバート・エイブラムス(1863~1924)が発明したラジオニクスという医療器具がもとになっているものです。広くは、波動測定器と言われるものの一つで『すべてのものには波動がある』という考えに基づいています。ただ、エイブラムス、測定器は、ともに〝インチキ〟として科学界では有名です。科学的には、そのような〝波動〟は実在しないのです」

 医療機器としては国内、国外ともに未認可である。厚生労働省医薬食品局監視指導麻薬対策課の担当者も、

QRSががんやストレス、さらに内部被曝の状態まで計っているとすれば、医療機器として認識されると思います。しかし、QRSが医療機器として未認可であることを考えると、そのような機器を売る、あるいは授与することは薬事法に抵触すると考えられます」
と、本誌に語った。

img_9ab20d1bdbd2e784e6906a54b001fb3261960.jpg

このように、問題点が指摘されるQRSを使用して検査を行ったのは、超音波検診などを行う「生理科学研究所」(東京・品川区)。その申し込みなどの窓口となったのが、ペット用品業者が設立した『日本QRS健康管理協会』(東京・千代田区)だった。同協会に取材をすると、検査の正当性をこのように主張した。

「現在日本国内では60人ほどの医師がクリニックでQRSを使っています。ホールボディーカウンターは、内部被曝の量を単位で測る装置ですが、QRSは体の中に取り込まれた放射能が、その人にどれだけ影響を与えているかを計測することができるんです」

 一方、生理科学研究所のほうは、取材のために連日電話をかけるも、一度も繋がることはなかった。

 科学的には不可解なところが多いが、実際にQRSを使用して診断を行う「東京ハートライフクリニック」(町田市)の中村元信院長は次のように話す。

毛髪から出ている波動情報は、気のエネルギーのようなものだと考えてください。ただ、それを科学的に証明するのは困難です。その波動情報を得て、検者(検査する人)も波動情報を出す。QRSは、その二つの波動情報が起こす生態共鳴を利用し、様々な病気を測定しているのです」

 QRSの検査結果が他の医学的検査の結果と高い確率で合致し、被検者の体調も改善されると関係者たちは主張するのだが、内部被曝が測定できるかについてはやはり疑わしいと言わざるを得ない。

国の研究機関であり、被災者の内部被曝測定に取り組む、放射線医学総合研究所の担当者は、

「髪から放射性物質が検出される可能性は完全には否定できません。しかし、仮に検出されても、その結果で内部被曝の程度を測ることはできません」

 と否定し、前出の菊池教授も断言する。

「そもそも毛髪から波動は出ていない。内部被曝を計るなんて不可能です」

 これらの状況を踏まえ、東京都福祉保健局はQRS検査を実施した「生理科学研究所」に立ち入り調査をする意向だ。冒頭の保護者はこう怒りを露にした。

「仮に、いかがわしい業者で検査が嘘だとしたら、私たちは本当に内部被曝を心配して検査を受けたのに許せません

img_d8fc65c73c5a8bcb0676e4b01b150a9b60934.jpg

みその幼稚園の細谷実園長も嘆く。

「原発事故後に放射線量を不安視して退園された方も多い。厳しい経営状態にある園としては、これ以上の退園者を出さないためにも、運動場の除染などをしてきました。検査もその一環として行ったのですが、このような騒動になって非常に残念です」

 行政が実施する内部被曝検査の順番がなかなか回ってこず、不安の中で生活する被災者は、藁にもすがる思いでQRS検査を受けたはずである。また、一連の検査を行った生理科学研究所は検査費100万円以上を手にしてもいる。数多くの問題を抱える被災者を、これ以上追い込んでいいわけがない。
関連記事

category: 放射性物質関連

tag:   QRS  内部被爆  毛髪 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/939-73592168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。