07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【もんじゅ:ストレステスト費用は9億円】電源開発促進税とは!? 

情報元 毎日新聞 魚拓

記事内容

福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」の安全評価(ストレステスト)のため、日本原子力研究開発機構が計約9億円で国内のプラントメーカーと随意契約を結んだことが分かった。ストレステストは原発再稼働の条件とされ全国の原発が実施しているが、費用が明らかになるのは初めて。ストレステストは、各原発がどの程度の地震や津波なら過酷事故を起こさずに耐えられるか、コンピューターでシミュレーションする。


何このくだらないお金・・・
9億円がくだらないんじゃなく、くだらないことにお金を使うんだなぁって意味で

この動画をみてもらいたい



20111207 エネルギー対策特別会計の実態 投稿者 PMG5
開発に1兆ちょっとかかって、これだって当初の予算と大幅に狂って
1日に5000万近くの維持費が必要だって言うのに
あと9億もかけてストレステストを受けてまで再稼働したいのか

何のために稼働したいんだろう
稼動しなくても今までやってこれたってことは不要だってことだよ!!!


 「電気使用量のお知らせ」に何も書かれていない空欄があるが、電気料金6000円代の家庭を例にすると、電源開発促進税として100円ちょっと取られているから、本当はこの空欄にそれが書かれていなければならない。太陽光促進付加金6円はちゃんと書かれているのだから、当然だ。だから、電源開発促進税が基本料金の中に隠されてしまって見えなくされているということが、そもそもおかしいと感じる。

 その電気料金に上乗せされ電気料金として徴収された「電源開発促進税」は、

電力会社から文科省と経産省の財布である「エネルギー対策特別会計」へと入っていく仕組みとなっている。
その「エネルギー対策特別会計」の使途は、「原発PR館」「原発周辺施設」「原発研究開発」と、ほとんどが原発関連である。

 もんじゅは、1995年ナトリウム漏れという制御不能事故を起こし止まったままであるが、毎年200億円以上の予算が使われている。

 今年度予算は216億円。これまで使われた総額は1兆810億円と巨額である。

電気使用基本料金の中に、電源開発促進税などという税金が課されていることなど、おそらくほとんどの人は知らないだろうから
私達は知らされないままこっそりと税金を取られ、もんじゅの開発費や維持管理費を持たされているということになる。

不要なのに税金を取られて詐欺もいいとこだよ!!!
関連記事

category: 東電関連

tag: もんじゅ  電源開発促進税  ストレステスト 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/912-82b0444e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。