07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【小出助教授 20120209 たね蒔きジャーナル】横浜市立二ツ橋小学校付近で1時間あたり最大で6.85マイクロシーベルトが計測された件 

横浜市瀬谷区 横浜市立二っ橋小学校の校庭に隣接する現在は使われていない水路の跡地で
1時間辺最大で6.85マイクロシーベルトの高線量が計測された件

参考記事

http://genpatsu173.blog.fc2.com/blog-entry-780.html

20120209 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

http://youtu.be/PZHMNJgAwWs



以下内容起こしてます
文字色 千葉さん 小出助教授 池田さん

今日は毎日新聞論説員の池田あきらさんと一緒にお話を伺います。
 さて、小出さん、今日もスタジオにリスナーの方から質問のメールがたくさん来ていますので、それをお伺いしてまいります。
 まずは神奈川の方から。
「今日ご相談したいことは、自宅の眼と鼻の先がホットスポットでしたということです。2月3日に横浜市瀬谷区の使われていない排水路付近で、市内の放射線量測定では最高となる毎時6.85マイクロシーベルトが検出されました。高さ1㎝で測定したそうです。この線量を1年間浴び続けると仮定した場合、単純計算で外部被爆はおよそ60ミリシーベルトになるとのことで、大変ショックを受けました。同じ場所の地上1mでも、毎時1.45マイクロシーベルトだったそうです。その水路の隣には小学校があり、大変子供たちが心配です。近くの住民として、毎日飲む水など、近くには農場などもあり、考えただけでも眠れなくなりました。私たちは病気になってしまうんでしょうか?」
という質問なんですが・・・


例えば私は今大阪に住んでいますけれども、ごく普通のところであれば、1時間当たり0.04、或いは0.05マイクロシーベルトくらいしかありません。
 ですから、1㎝の高さで測ったというのは、あまり比較にならないと私は思いますが、1mのところで測って1.いくつとおっしゃったんでしょうか?


「1.45」ですね。

はい。ですから、30倍くらいは高いということになっているわけで、普段使われてない排水路とおっしゃったでしょうか?

はい、「排水路付近」ですね。

そういうところには放射能が濃縮されて集まってきてしまうということは、当たり前のことなんですね。避けることができませんので、そういうところに溜まっている泥とかを集めて、掃除をするということをやったほうがいいと思います。
 ただし、放射能を消せませんので、要するに移動してるんですね。ですから、その排水路にも周辺から移動して集まってきているのであって、そこを私は掃除したほうがいいと思いますが、また集まってきます。そこには。
 ですから、これからずっと注意をしながら、そういう集まってくる部分の放射性物質は取り除く。取り除いても無くなりませんので、どこか別の場所に移さなければいけないということが残ってきます。


あの、事故からもう11か月近く経ってるわけですけれども、2月にはこういうホットスポットが見つかったということで、まだまだこれからこういう場所が見つかる可能性というのは・・・

もちろんです。たくさんあるのです。調べれば調べるだけ、それが出てきます。

「11か月経ったから少し収まったよ」とかそういうことは・・・

ありません。むしろ増えてくると思います。

はぁ・・・。判りました。
 それから次はですね、ニュージーランドからメールをいただいております。
「私はニュージーランド、クライストチャーチに在住で、日本食品についての質問があります。ニュージーランドの法律で、日本からの輸入食品について、現在放射能に汚染食品の最高基準値が、セシウム134と137合わせて1000ベクレルとなっています。国際的な数字としても、大体1000ベクレルなんですが、日本の暫定基準値が500と言うことですが、これはセシウム134と137を別々にカウントしてるんでしょうか?それとも、合わせた数字なんでしょうか?」


合わせた数字です。

合わせた数字なんですか。134と137を合わせた数字として、500というふうにカウントしてるということですね。この方はそこが疑問だったということなんですけれども。合わせた数字ということです。
 それでは、次に参ります。こちらはドイツからいただいていますね。
「核廃棄物を燃料として電力を生産できる『プリズム高速炉』とうたったイギリスのニュースがありました。2月2日付のイギリス、ザ・ガーディアンニュースでは、『新世代の原子炉は核廃棄物を燃料として消費することができる』というヘッドラインで、核廃棄物のプルトニウムを燃料にして電力を生産することができるとされておりました。
 ブルームバーグの報道によりますと、日立製作所とGE社は英国の87トンのプルトニウム備蓄を動力とする原子力発電所の建設を提案したということです。」
という、ニュースが入ってきてるんですけど、この『プリズム高速炉』って、プルトニウムを原料にして動くなんてものがあるんですか?


私は今ふっと笑ってしまったのですが、もともと原子力というのはウランと核分裂させてエネルギーを得るんだと言ってきたんですね。でもウランというのは地球上にあまり資源がありませんので、仕方がないから原子力をやるためにはプルトニウムをどんどん作って、それを増殖させながら原子力を使うんだというのが今までのうたい文句で、プルトニウムはむしろエネルギーの希望の星だったのですね。
 ところが今のいい方であると、プルトニウムはもう厄介者だから、それを何とか燃やしてしまいたいという、なんかそんな宣伝に変わってきてるように、私には今聞こえました。
 実際そうなんです。
 もうプルトニウムを増殖させるなんていうことは、いわゆる高速増殖炉と呼んだ原子炉なんです。日本ではもんじゅというものを作ろうとしたのですが、1兆円投入したまま1kwの発電もできないという、実に馬鹿げたものだったわけで、結局プルトニウムを燃料にするということはできないということになってしまったんですね。
 そうすると、プルトニウムというのは、人類が遭遇した最高の猛毒物質と言ってもいいほどの猛毒ですし、これからのお守りを・・・どうやって危害が加えられないようにお守りをしようかと考えると、もう途方もない重荷になってしまうので、それをなんとか消すしかないというふうに、今世界は変わっているのです。
 そのために・・・ごみを消すための原子炉というのを考えたということですね。それは。


でも、これ、プルトニウムというのは原子爆弾にできる物質ですものね。

そうです。もうすでに膨大に溜まっちゃってるのです。イギリスだけでも60何トンと言ったんでしょうか。日本にももう45トンもありますし。
 それをとにかく消さなければいけないという、そういう重荷を今私たち目の前にしているわけで、そのための方策の一つとして、プルトニウムを燃やしてしまう・・・プルトニウムだけではないんですが、私たちが超ウラン元素と呼んでいるやっかいな毒物を消すためになんとかしなければいけないと、そういうところに今私たちは追い詰められているのです。


池田さん、いかがですか?

やっぱり我々はその辺の立ち位置っていうのは、しっかりと見つめていかなければいけないですよね。

と、思います。

それから、もう一つ質問がありますので、こちらに参ります。埼玉県の方からですが、
「突然気になったので差支えなければお教えください。先生のように放射線業務従事者の方は、一般的なガン保険に入ることはできるんでしょうか?また、福島県の線量が高い地域に住まわされている方々は、保険について今後も心配ないのでしょうか?」
という質問ですが、いかがですか?


すいません、私、実は保険っていうのは大嫌いで、個人的にそういう保険契約をしようと思ったことが無いので、正確にわかりません。正確なことは法律の専門家に聞いていただいた方がいいと思いますが、放射線業務に携わっている人は、がん保険に契約するには、何かの制約があったはずだと私は思います。ですから、放射線業務従事者にガン保険に加われない可能性が高いと私は思いますし、今福島の現地の人たちは、放射線業務従事者として私が許されているような被曝を、既にもう許されているというか、もう国が『勝手にそこで住め』と言いだしているわけですから、保険会社としてはもちろん嫌がるでしょうし、保険契約というものができなくなる可能性もあるんではないかと私は思います。
 すいませんが法律のことがわかりませんので、正確でないかもしれません。


わかりました。小出さん、ありがとうございました。

ありがとうございました。
関連記事

category: you tube たね撒きジャーナル 小出裕章氏

tag: 小出  二ツ橋  小学校  線量 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/905-22d8e5e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。