05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【東電 勝俣会長退任!!!後任候補の一人には、JR東海の葛西敬之会長(71)が浮上 

情報元 朝日新聞 魚拓

記事内容

2ef9bf7186deb098c4ea7bea6a0e0b3d.jpg

政府は、東京電力に公的資本を注入するのに伴い、同社の勝俣恒久会長(71)を退任させ、後任を外部から選ぶ方針を固めた。民間出身者を軸に調整しており、企業経営者への接触を始めた。ただ、電気料金の値上げや原発事故の処理など、難問が山積。人選は難航する可能性がある。
政府や電力各社でつくる原子力損害賠償支援機構は、6月の株主総会後、東電に1兆円規模で出資する方針。東電が福島第一原発の廃炉費用などの負担に耐えきれず、経営破綻(はたん)するのを避けるためだ。破綻した場合、事故の損害賠償や電力供給に支障が出るおそれがある。

 機構と東電は3月、同社の将来像を示す「総合特別事業計画」をつくる。その中に機構による資本注入の方針を盛り込む一方、勝俣氏が退任を表明し、経営責任を明確にする方向だ。退任の時期は、6月の株主総会日になる見通し。

 勝俣氏は2002年10月に社長に就き、08年6月から会長を務める。昨年4月の記者会見で「経営責任を感じている。退く方向で検討を進めている」と辞任の意向を示していたが、時期は明示していなかった。

 後任候補の一人には、JR東海の葛西敬之会長(71)が浮上。国鉄の民営化に携わり、機構の運営委員を務めて東電の事情に明るいため、水面下で打診したが、葛西氏は断った模様だ。


s1176183130.jpg

政府は内部昇格では、東電の企業体質を抜本的に変えることは難しく、世論の理解も得られないとみて、企業経営の実績がある民間人の起用をめざす。新会長の意向によっては、昨年6月に就任した西沢俊夫社長(60)の退任も検討する。

 公的資本の注入を受けた企業では、銀行のりそなホールディングス会長に03年、JR東日本副社長(当時)の細谷英二氏が就任。日本航空の会長には10年、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が就いた。
関連記事

category: 東電関連

tag: 東電  勝俣  退任   
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/872-45cbe1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。