07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【福島県 いわき市久之浜沖、同市藤間沖、広野町沖、南相馬市原町沖の魚類 「魚類」14点から基準値超セシウム】 

情報元 福島民友 魚拓

記事内容

saburou.jpgkemusikajika.jpg
向かって左がサブロウ、右がケムシカジカ

県は1日、海面と内水面の魚介類119点の検査結果を発表、海面の魚類14点から国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された。
 海面の魚介類、海藻類46種114点を検査。基準値を超えたのは、いわき市久之浜沖、同市藤間沖、広野町沖、南相馬市原町沖の魚類で530~3100ベクレル。カサゴの仲間のサブロウとケムシカジカは初の基準値超え。市場に出回っていない。

参考資料
厚生省 
福島県での緊急時モニタリングの結果等(水産物、野菜類、牛肉)(PDF:65KB) 魚拓

 ※暫定規制値超過
     No.2:いわき市産アイナメ(Cs:1,740 Bq/kg)
     No.11:いわき市産エゾイソアイナメ(Cs:790 Bq/kg)
     No.18:いわき市産コモンカスベ(Cs:920 Bq/kg)
     No.20:いわき市産サブロウ(Cs:880 Bq/kg)
     No.21:いわき市産サブロウ(Cs:1,440 Bq/kg)
     No.44:広野町産アイナメ(Cs:570 Bq/kg)
     No.47:広野町産コモンカスベ(Cs:840 Bq/kg)
     No.48:広野町産シロメバル(Cs:3,100 Bq/kg)
     No.49:広野町産スズキ(Cs:2,110 Bq/kg)
     No.51:広野町産ババガレイ(Cs:1,020 Bq/kg)
     No.53:広野町産ヒラメ(Cs:1,000 Bq/kg)
     No.54:広野町産ヒラメ(Cs:530 Bq/kg)
     No.56:広野町産マコガレイ(Cs:650 Bq/kg)
     No.75:南相馬市産ケムシカジカ(Cs:710 Bq/kg)
関連記事

category: 食品関連@魚介類

tag: 福島県  魚類  モニタリング 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/752-7d187528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。