05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【「原則40年」廃炉を明確化=規制庁、安全調査委設置-原発改革法案を閣議決定】 

情報元 時事通信

記事内容

政府は31日、経済産業省原子力安全・保安院に代わる原子力規制機関として環境省に「原子力規制庁」を設置することや、原発の運転期間を原則40年とすることなどを盛り込んだ原子力組織制度改革法案を閣議決定した。開会中の通常国会に提出し、4月1日の施行を目指す。
 細野豪志原発事故担当相は閣議後の記者会見で「日本の原発規制の在り方が根本的に見直されることになった。規制の中身そのものも強化していかなければならない」と述べた。
 焦点となっていた運転開始から40年を超える原発の運転期間延長では、「基準に適合していると認める時には認可しなければならない」とした当初案を、「認可することができる」と修正。延長認可が例外であることを強調する表現に改めた。
 既に40年を経過した原発や、まもなく40年を迎える原発については、改革法施行から10カ月以内の猶予期間を政令で定める。規制庁はこの間に延長認可の基準など制度を整備する。
 新規制機関の名称は当初「原子力安全庁」が予定されていたが、「規制」の立場をより明確にするため「原子力規制庁」に変更された。
 また、規制庁の活動をチェックする機関として原子力安全調査委員会を設置する。5人の委員は国会同意人事で任命され、事故の際には強制力を伴う調査権限を付与。環境相や規制庁長官、関係行政機関などへの勧告権を持つ。



既に40年を経過した原発や、まもなく40年を迎える原発については、改革法施行から10カ月以内の猶予期間を政令で定める。
再稼動に向けて10ヶ月の間になんとか手を打てってことですかい???
国民をなめるなよ!!!こんなもんに誤魔化されるかよ!!

「基準に適合していると認める時には認可しなければならない」とした当初案を、「認可することができる」と修正

こんなもん言葉遊びやないか!!
許可しなければならない→許可することができる
修正したところでなんの変化があるっていうの??
言葉的にやんわりとなっただけで、許可可能には変わらないじゃん!ありえん・・・どんだけ利己主義なんだよ・・
関連記事

category: 原発情報

tag: 原発  法案 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/710-0f5f73cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。