09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【政府 アメリカ主導の原発事故賠償ルール条約に加盟方針】アメリカ主導の原発事故賠償ルールってなんぞや?? 

情報元 日本経済新聞 

記事内容

政府は25日、原子力発電所の事故に伴う損害賠償請求のルールを定めた国際条約のうち、米国が主導する枠組みに加盟する方針を固めた。外国による法外な賠償請求が相次ぐのを防ぐ狙い。条約案と国内の関連法案の今国会提出を検討する。

 加盟するのは「原子力損害補完的補償条約」(仮称)。現在は米国やモロッコなどが加盟しているが「5カ国以上の加盟」などの条件を満たしておらず発効していない。日本が入れば発効するため、米国はかねて加盟を呼びかけてきた。同様の条約はロシアと欧州連合(EU)が主導するものがそれぞれある。

 日本はこれまで海外での原発事故を想定し、裁判権を相手国に奪われる事態を防ぐために加盟を見送ってきた。ただ東京電力福島第1原発の事故を踏まえ「事故当事国として国際的な信用を得る」(外務省幹部)ためにも加盟を決めた。福島第1原発事故は加盟前に起きたため、条約は適用されない。



そもそもアメリカ主導の損害賠償ルールってなんだろう?
国際条約ってなんだろう??
知らない人もきっといるはず!!!
あたしも、もう一度勉強しておきたい!!

ってなわけで、調べてみました

この原発事故による損害賠償ルールを定めた国際条約と言うのは3つある

・OECDが旗を振ったパリ条約(欧州中心)
・IAEAが旗を振ったウィーン条約(途上国中心)
・アメリカが旗を振ったCSC(Convention on Supplementary Compensation for Nuclear Damage)

今回、このアメリカが旗を振ったCSCってのに加盟しようかなって話なのだ
このCSCは国がアメリカ、アルゼンチン、ルーマニア、モロッコが加盟していて日本がここに加わるかどうかという話
ただ、このCSCはまだ発効していないので日本が加盟してようやく発効になる
この条約ってどんな条約だぁぁ??
CSCには「原子力損害事故が起こったら、賠償の裁判はその事故が起こった国でやる」ということを義務付けていますけど、これってCSCに入っている国で原子力事故が起こって、その被害が仮に日本に及んだとしても、日本に住む人はその国まで行って裁判を起こさなくてはいけないということになる
アメリカで事故が起きて、日本に被害が及んだら
日本人はアメリカへ行って裁判をするってこと
被害があった人間がわざわざ現地にいって裁判を起こさなきゃいけなくなる

今回の福島原発の事故で言うなら、他の国が日本にやってきて裁判を起こす可能性が出てくるってことだな
ただし加盟国に限るわけなんだが

そのほか原子力事故が起こった際に、原子力事業者に責任を集中させるという規定もあり、発電所プラントの供給者が免除されるというメリットがある
ってことはだ!!
今回の福島原発の事故でいうなら、原発事故の被害を責任者である東電に集中させて
プラントを設計した人間には非は無いってことになる
設計者には責任はないから、今後も設計してその原発を輸出しちゃってOKってこと

そのほかにも色々と細かい制約があるけど
何はともあれ、隣国が加盟していない時点で意味がないんじゃないの??
何故アメリカ主導のこのCSCに加盟しちゃうんだろう
メリットなんて皆無に等しいのにな

ってなわけで、少しだけ理解できた気がするw
お疲れ様でしたぁ
関連記事

category: 原発情報

tag: 損害  補償  csc  条約  原発 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/687-2db46dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。