05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【茨城 解禁後も休漁を継続】コウナゴ・シラス 「市場で販路を見つけるのが困難だ」などとして解禁後も1か月間は休漁を続けることを決めた 

情報元 NHK 魚拓

記事内容

コウナゴやシラスが採れる茨城県沿岸の船曳き網漁は来月1日から解禁されますが、原発事故のあと休漁を続けている漁業者は、「市場で販路を見つけるのが困難だ」などとして解禁後も1か月間は休漁を続けることを決めました。
コウナゴやシラスが採れる茨城県沿岸の船曳き網漁は来月1日から解禁されますが、原発事故のあと休漁を続けている漁業者は、「市場で販路を見つけるのが困難だ」などとして解禁後も1か月間は休漁を続けることを決めました。茨城県沿岸では、去年4月、沖合で採れたコウナゴから、一時、国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたため、船曳き網漁の漁業者は漁を自粛しました。その後の県の調査で、船曳き網漁の魚からは基準を超える放射性物質は検出されませんでしたが、北茨城市と日立市北部の3つの漁協に所属する漁業者およそ50人は、漁をしても買い手がいないため休漁を余儀なくされ、そのまま漁のシーズンを終えていました。地元では、来月1日の解禁日に再開を目指してきましたが、漁業者などで作る協議会は、「市場で販路を見つけるのが困難だ」などとして、解禁後も1か月間は休漁を続けることを決めました。3月以降の操業について、協議会では改めて検討するとしていますが、関係者からはことし漁が再開できるのか不安の声が上がっています。
関連記事

category: 食品関連@魚介類

tag: 茨城  コウナゴ  船曳き網漁 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/638-d1d12a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。