08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【福島原発 放射能で北米新生児ら1万4千人死亡! 4号機は更に傾く。】動画あり 

TheBigPictureRT 2011/12/22アップロードより。(字幕なし。日本語関連記事転載)
・Dr. Janette Sherman, M.D., Internist and Toxicologist. 内科専門医で毒物学者。
・There's more trouble at Fukushima. Nuclear safety experts are accusing the Japanese government of lying after 230 tons of radioactive waste was found in a tunnel underneath the crippled nuclear plant - just a few days after Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda said the crisis is over.
・There's also news that Unit 4 at the plant is on the verge of collapsing - something that nuclear power expert Paul Gunter talked about on my radio show yesterday. This new information suggests that the Japanese government is still misleading the world on just how severe the Fukushima crisis still is. But even more troubling is the impact this nuclear crisis on the other side of the world has had right here in the United States.
・There's shocking new evidence out that the Fukushima disaster may have led to the deaths of as many as 14,000 people...in America! For more on this - Internist and Toxicologist - and co-author of a new report on the link between an increase in deaths here in America and the ongoing Fukushima nuclear crisis.
<下記関連記事>
*フクイチ発放射性降下物の影響で、アメリカ人、乳児ら1万4000人(推定)死亡 事故後最初の14週の間に チェルノブイリ(17週で1万6500人死亡)に匹敵 米研究チームが学会誌に発表

 米国でフクシマ事故後、最初の14週間に起きた、1万4000人(推定)もの死者の過剰増加が、フクイチ発の放射性物質の降下に関係する――との研究結果が、学会誌「国際­保健ジャーナル」の最新号に発表された。
→ http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=28299
米国の民間研究・教育機関、「被曝・保健プロジェクト」のジョセフ・マンガーノ所長(疫学者)と、ウエスタン・ミシガン大学のジャネット・シャーマン準教授(内科医・毒物­学者)がまとめたもので、この14週間(3ヵ月半)で1万4000人もの過剰死者の発生は、チェルノブイリの時の17週(4ヵ月と1週間)で1万6500人に匹敵するとい­う。

 この1万4000人の過剰な死者の中で、最も多いのが1歳未満の乳児たちで、2011年春(14週間)の米国における乳幼児死者は前年に比べ、1.8%の増加。フクシマ事­故以前の14週間は逆に前年対比で、8.37%の減少だった。

 この研究発表は、ピアレビューを経て公表された、フクシマの健康被害を分析する最初の学会報告である。

 An estimated 14,000 excess deaths in the United States are linked to the radioactive fallout from the disaster at the Fukushima nuclear reactors in Japan, according to a major new article in the December 2011 edition of the International Journal of Health Services.     ◇ 研究論文の全文は→ http://www.radiation.org/reading/pubs/HS42_1F.pdf

◎ 大沼 太平洋を超えて北米大陸に到達したフクイチの「死の灰」が、米国で乳児を中心に異常な死者の増加現象を招いていた可能性が、初めて学問的に裏付けられた。
* 大沼安史氏ブログより転載。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/12/post-13bd.html

関連記事

category: 原発情報

tag: フクシマ  原発  事故   
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/598-e4a47c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。