05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【東電次期社長は広瀬直己氏(59)で最終調整へ 社内では勝俣会長が西沢氏の続投を模索する動きもあった】 

0001.jpg

 東京電力は7日、西沢俊夫社長(61)の後任に広瀬直己常務(59)を昇格させる方向で最終調整に入った。8日の臨時取締役会で正式決定する。政府は先月、東電の次期会長に原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦運営委員長を内定した。1兆円の公的資本を注入して実質国有化する新生東電改革の司令塔となる首脳の顔ぶれが固まった。
 広瀬氏は一橋大卒業後、76年に東電に入社。3年の企画畑以外の大半は営業部門で顧客に対応する職場だった。10年6月に常務に昇進し、昨年3月の東日本大震災による福島第1原発事故を受け、福島原子力被災者支援対策本部副本部長として被災者への賠償や広報などの実務を担ってきた。同社のトップとして異例の抜てきとなる。
 西沢氏の後任をめぐっては、会長に就任する下河辺氏が4月19日、西沢社長の退任を求め、内部から後任を選ぶ考えを明言した。社内では勝俣恒久会長(72)らが西沢社長の続投を模索する動きもあったが、結果的に政府が封じた形だ。下河辺氏も電力会社の経営経験はないことから、実務を指揮できる広瀬氏に落ち着いた。

毎日新聞


ってことは勝俣会長の力はあまり残ってないってことなんだな
しかしこれ、昇格なのかねぇ
よくわからんなぁ

正直、西沢氏でも広瀬氏でも大差ない気がする
関連記事

category: 東電関連

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1394-94ace409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。