05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【武田邦彦教授 原発再稼動についての見解 本当に再稼動は必要なのか?】 

武田邦彦教授 原発再開の最低条件(2)政府・自治体

http://youtu.be/p3gFEq27nwI



再開する原発が安全なこと・・・その第一条件は「政府が国民の命を守ろうとする意思があること」です。私は「日本の子供、土地、コメ」を守るのが第一と考えていますが、政­府はまったくその気が無いようです。

2012年4月18日の記事によると、文科省は事故後「学校の校庭の線量率を毎時3.8マイクロシーベルトにする」としましたが、これは、1)日本の法律に1年1ミリ(内­部被曝、自然放射線を考えておおよそ毎時0.08マイクロシーベルトですから、約50倍。それを外国のNPOであるICRPの基準と言うことで政府の判断をせず(日本の子­供に対する影響を考えず)におこなったこと、

2)誤差を考えて3.0と通達したのに、後に3.0の場合、該当する学校が100校を超え、3.8なら40校ほどなので、3.8に戻す、という非人間的判断をしています。­つまり、児童の健康より自分たちの仕事が増える方を重視したということです。

また東電は事故が起こる可能性が高まった3月11日の午後7時に地元消防に連絡していません。危険なものを扱う会社のもっとも基本的な社会的責任を放棄し、自治体も応じる­体制やその義務を感じていないことは明らかです。

武田教授のブログから引用
http://takedanet.com/2012/04/post_50f0.html
関連記事

category: 原発情報

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1345-630d70ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【【武田邦彦教授 原発再稼動についての見解 本当に再稼動は必要なのか?】】

武田邦彦教授原発再開の最低条件(2)政府・自治体http://youtu.be/p3gFEq27nwI再開する原発が安全なこを守ろうとする意思があること」です。私は「日本の子供、土地、コメ」を守るのが第一
まとめwoネタ速suru [2012/04/20 08:20]

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。