07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【新田川の土壌からセシウム2万6000ベクレル、大柿ダムの湖底から26万ベクレル検出】 

kizi200.jpg


環境賞などは30日、旧緊急時避難準備区域の南相馬・田村・川内・広野・楢葉の5市町村の河川、水源地のモニタリング調査結果を発表した。

最も高い放射性セシウムが検出されたのは南相馬市を流れる新田川の木戸内橋地点の土壌で、1キロあたり2万6000ベクレルだった。
調査は昨年9月30日に緊急時避難準備区域が解除された5市町村の復旧支援として実施している。
今年2~3月に5市町村の河川や水源地の水質・底質・土壌を調べた。

河川と水源地の底質調査では南相馬市を流れる太田川の石渡戸橋地点で検出された1キロあたり1万9100ベクレルが最大だった。
真野川や新田川、真野ダムなどで行った水質調査では放射性ヨウ素、放射性セシウムともに検出限界値未満だった。

大柿ダムなど一部地点で濃度上昇

環境省は30日、福島・宮城・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京の8都県の湖底や川底の泥などに含まれる放射性セシウムの調査結果を発表した。

全体的に減少か横ばい傾向だったが、福島県など一部地点では濃度が高くなった。
東京電力福島第一原発に近い浪江町の大柿ダム湖底では、1キロあたりの放射性セシウム濃度が前回1月の5100ベクレルから3月調査では26万ベクレルにあがった。

福島民報
関連記事

category: 放射性物質関連

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1284-98f441eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。