03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【必見】放影研放射線影響研究所が発表!「被爆年齢若いとリスク高い」被爆した時の年齢が10歳若くなるごとに29%増える】 

原爆で被爆した人ががんで死亡するリスクは、被爆した時の年齢が10歳若くなるごとに29%増えることが分かりました。
 これは、広島・長崎の被爆者などおよそ12万人の死因を追跡調査している放影研放射線影響研究所が発表したものです。
 それによりますと、30歳で1シーベルト被爆した人が70歳になった時にがんで死亡するリスクは、被爆していない場合よりも42%増えます。
 また、こうしたリスクは、被爆した時の年齢が10歳若くなるごとに29%増加します。
 例えば、20歳で被爆した人は54%、10歳で被爆した人は70%、被爆していない場合よりもがんで死亡するリスクが増えることになります。
 今回の発表は、2003年までのデータを解析した結果だということで、放影研では「子どもへの放射線の影響を見極めるには、さらに調査する必要がある」としています。
 放影研では、福島第一原発の事故で関心が高まっている低線量被爆のリスクについても今後、解明していきたいとしています。

http://youtu.be/OyCFTHB9G7A

関連記事

category: 放射性物質関連

tag: 被爆  年齢  がん  リスク 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1182-39ab2d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。