09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【福島第1原発沖で千倍のセシウム 昨年6月、米研究所調査 汚染は600キロ沖まで】 

情報元 産経新聞 魚拓

記事内容

昨年6月に東京電力福島第1原発沖を調査した米ウッズホール海洋学研究所のチームは21日、事故前に比べて最大で約千倍の濃度のセシウム137を海水から検出したと、米ユタ州で開かれた海洋科学に関する会議で発表した。AP通信が報じた。

 同研究所によると、70~100キロ沖が最も濃度が高く、汚染は約600キロ沖まで及んでいた。人の健康や海洋生物にすぐに影響するレベルではないとしている。

 チームは原発から東方に約30~600キロ離れた太平洋で海水や魚、微生物を調査。採取した海水には事故前に比べ10~千倍高いレベルのセシウムが含まれていた。

 検出されたセシウムの大部分は、大気中に放出されたものが降下したのではなく、原発から直接流れ出たと考えられるという。
こうなると、国内で発表されている海洋汚染測定結果が本当なのか疑問になってくる
海外メディアは利権がからんでいない・・・いないと言い切れないが国内ほど絡んでないだろう
なので国内の測定結果の信憑性を疑ってしまう

食品の測定結果で出ている魚介類の測定結果も然り
信憑性がどこまであるのか疑問ではあるけど
それしか情報源がないなら、信じるしかないわけなんだが・・

日々食品の測定結果を見て感じた事だけど
魚介類は、やはり海底に近いものが汚染されている
ヒラメ・カレイ・コチなどなど
放射性物質が海底に沈んでいるからなのだろう
見ていないので断言できないが、検査結果から見るとそういうことになる

ということは、魚介類の汚染はその海底の除染?を行わないと
いつまでも汚染されっぱなしになるのではないかな
そして東電の垂れ流しているであろう汚染水や日々たまっていく汚染水の処理をどう行っていくのか
海洋汚染はいつまで続くのかは、ここにかかっているようにも思う

あぁ・・寿司食べたい
関連記事

category: 放射性物質関連

tag: 海洋汚染  測定  結果 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1065-0c8dcb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。