03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【収束宣言後、初の公開-保安院が検査・福島第1原発 各メディアの報道の内容まとめ】 

2月20日、終息宣言後初の公開が行われた
その模様を、あたしはニコニコ生放送で見ていた。
公式放送では3万超えの人が(累計)見守り、あたし自身はそれをミラー放送していた。

※ミラー放送とは、公式放送を自分のコミュニティに反映させて放送すること(公式放送に限らんが)

30社の報道機関がA班B班の2つに分かれて、ふくいちに入っていた。
自分が見ていたのがニコニコ生放送だったので、その目線で見ていたのだが
他の報道機関がどう報道するのか当初から気になっていたのでまとめてみた。

参加報道機関

A班
朝日新聞、日経新聞、毎日新聞、読売新聞、共同通信、時事通信、NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ、THE INDEPENDENT、中国新聞

B班
産経新聞、東京新聞、福島民報、福島民友、河北新報、新潟日報、東奥日報、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、IWJ、ニコニコ動画
朝日新聞
福島第一、事故の傷痕なお深く 収束宣言後、初の公開 魚拓
たったの4行w
他に書くことなかったのか?というww

日経新聞 
http://sankei.jp.msn.com/
TOPに見当たらず、しばらく探したがこの件の記事を見つけることができなかった

毎日新聞
福島第1原発:事故収束の道のり遠く…報道陣に公開 魚拓
高い線量については触れず、1.5マイクロシーベルトだった件について触れてる。
現場でもこの程度なのかと言う印象が残るな。

読売新聞
福島第一3号機に接近、バス内の放射線量急上昇
魚拓が取れなかったので全文を掲載しとく

東京電力福島第一原子力発電所が20日、昨年12月の「冷温停止状態」の達成以来初めて、報道陣に公開された。

 連日3000人以上の作業員が依然、炉心溶融を起こした原子炉の監視やがれき撤去などに当たる厳しい現実を目の当たりにすると、野田首相が宣言した「事故収束」が空疎に思えた。

 同原発では、今年に入っても2号機の温度計の故障や、凍結による配管・弁の破損で汚染水漏えいなどが相次いだ。公開は、今月から始まった国の検査に合わせたもので、約40人がバスで、昨年11月の初公開時の逆回りコースをたどった。

 原子炉の監視を行う免震重要棟近くには、原子炉の注水ポンプ6台がトラックの荷台に搭載され、荷台は、凍結防止対策として、保温カバーで覆われていた。

 注水ポンプからは、プラスチック製の配管が数百メートル以上離れた原子炉に延びる。総延長4キロ・メートルの仮設ホースは順次、強度の高い配管に交換されているが、原子炉冷却は、循環注水冷却システムに依存する状況は変わらない。

 水素爆発による破壊が大きい3号機にバスが近付くと、車内の放射線量も急上昇し、同乗した東電社員が「毎時1500マイクロ・シーベルト」と叫んだ。4号機から約340メートル離れた高台で、今回初めて、バスから降りることが許された。4号機5階では、1535本の使用済み核燃料の取り出しに向け、作業員が貯蔵プール周辺のがれきを撤去していた。原子炉の無残な姿は、6年前に訪れた旧ソ連・チェルノブイリ原発と重なった。4時間余りの取材で被曝
ひばく
量は79マイクロ・シーベルトだった。


共同通信
http://www.kyodo.co.jp/
見当たらず

時事通信
凍結対策、がれき撤去も=収束宣言後、初の公開-保安院が検査・福島第1原発
魚拓が取れなかったので全文(ry

東京電力は20日、昨年12月の収束宣言後初めて、福島第1原発を報道陣に公開した。敷地内では、配管などの凍結対策や建屋上部のがれき撤去作業が進められていた。公開は昨年11月に続き2回目。
 記者会見した高橋毅所長は「多くの方々のご協力で冷温停止状態に持ってくることができた。廃炉に向け、一歩一歩進んでいきたい」と述べた。
 東電は1~3号機原子炉に注水しているポンプを初めて公開。再度の津波来襲に備え、海抜約35メートルの高台に設置された3台のポンプは、1月末に凍結で弁が破損したため、防止策としてビニール製のカバーで覆われていた。配管類も黒い樹脂製の保温材が巻かれ、凍結対策が進んでいることをアピールした。
 水素爆発を起こした3、4号機の原子炉建屋上部ではがれきの撤去が進み、4号機では剥がれ落ちそうになっていた壁面がほぼ撤去された。
 3号機建屋の周辺は依然放射線量が高く、最高で毎時1.5ミリシーベルトを記録。汚染水貯蔵タンクの増設などが進む一方、津波被害を受けたフェンスなどが1年近くたってもそのままにされており、爪痕の大きさを感じさせた。
 一方、経済産業省原子力安全・保安院も同原発で実施中の保安検査を公開した。免震重要棟では、保安検査官が汚染水処理や貯留設備について調査。水位や放射線量の管理方法などの詳しい説明を担当者に求めていた。(2012/02/20-18:01)


NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/
ない

THE INDEPENDENT
Fukushima: Return to the disaster zone 魚拓
プラント状況や高橋所長のコメントなど結構な文量で記載されてある。

中国新聞
原発事故収束の道険しく 福島第1公開、高い線量が作業阻む 魚拓
凍結防止の件やバス内での1500マイクロシーベルト(毎時)の件を記載

日経新聞
ない

東京新聞
ないがな・・

福島民報
第一原発「程遠い収束」 炉内把握は不完全が続く 魚拓
原発事故から間もなく1年となる今も実態は「収束」とは程遠い状況と記載

福島民友
事故収束、程遠く 第一原発、冷温停止後初公開 魚拓
収束とは程遠い実態と記載

河北新報
収束 程遠い実態 高線量、撤去阻む 福島第1原発公開 魚拓
事故から1年近くたった今も実態は収束とは程遠いと記載

新潟日報
福島第1原発構内を報道陣に公開 魚拓
高橋所長の「1~4号機を早く安心できる状態にして、地元の方々が一日でも早く戻れるようにしたい」と述べ、廃炉に向けた作業を急ぐ考えを記載

ニコニコ動画
「吉田前所長の思いを引き継いで」 福島第1原発・高橋所長の初会見全文
ニコ動ら、福島第1原発敷地内に立入取材へ ネットメディア初
ニコ動、福島原発の敷地内に立ち入り取材へ 「カメラにおさめた映像をあますことなく公開」
高橋所長の初会見を全文、文字起こししてる。
ここぞとばかりに記事がある点がさすがだと思った

IWJ
記事は見つからず

日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ・福島テレビ・福島中央テレビ・福島放送・テレビユー福島・ラジオ福島
テレビは見ないので、どう報道されたのか知らない。

全ての記事に目を通して思ったのが、たいして収穫がなかったのか?と言う印象
特に海外の報道者の方が詳しく記載してあったので、関心度の高さが伺える。
地元の福島の記事の方が精度は高い。
ここでも関心度が高いのだなと思った。

A班とB班の組み分けはどういうものなんだろう
本当に同じものを見せたんだろうか?w
少し気になった
関連記事

category: 原発情報

tag: 福島第一原発  初公開  報道 
cm 4   tb 0   page top

コメント

いい大人がこぞりこぞって

仲よく遠足しただけだな。中継を見ていたが、大手メディアは東電に対しての質問もほとんどなく、これでどんな記事が書けるのかと思っていた。挙句の果てがこのザマ。言いたいことが言えないのならまだしも、何も頭に浮かばなくなっているのであれば、需要がない。さっさと店仕舞するが吉だよ無能新聞社テレビ局ども。
50 #- URL [2012/02/21 23:51] edit

>>50っち

この記事をあげた時点での内容だから、その後記事は増えてるかもしれない。ただ、読み手側にしてみれば、この内容から何を読み取ればいいのかさっぱりわからない感じ。とにかく公開されたんだなぁぐらい。
あたしも、最近文字起こしとか50っちに頼りっきりだったから、もう少し自力で頑張らないといけないなぁって思った。
スカイプを繋いでいるとついつい甘えてしまうので、いったんスカイプをやめてるのですよ。
で、たまにスカイプを繋いでも誰かがいるとまたまた甘えてしまいそうなので全員を削除しているのです゚(゚´Д`゚)゚
と、挨拶もせずに申し訳ない。
一度挨拶をし始めるとダラダラと書き綴りそうだったので何も言わずにスカイプをやめているのです。
ごめんなさい(;´Д`)

どおぉぉぉぉしてもダメになったらまた立ち上げますので、暖かく見守ってやってください。<(_ _)> 
なゆ #- URL [2012/02/22 06:05] edit

了解々々。
報道に関しては見せることによって隠すという東電側の手法が図に当たったと見ることもできるな・・・。
50 #- URL [2012/02/22 06:50] edit

Re: タイトルなし

>>50っち

そうだね、公開はしたからっていう言い訳はこれで出来るわけだからね。
会議の場面なんて思いっきり茶番だった気がするけど「見せた」ことには変わりなし。
この「茶番」が当初の予定だとすれば、今回の報道のあり方は仕方ないかもしれない。
なゆ #- URL [2012/02/22 09:05] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1035-00ee3ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。