09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【東電、どう変える?】東電の繰り出すスマートメーターとは? 

情報元 毎日新聞 魚拓

記事内容

枝野幸男経済産業相(47)が東京電力に「経営権を渡しなさい」と迫り、東電の西沢俊夫社長(60)が「民間のままが望ましい」と粘っている。国家権力による強制的改革か、自主的改革かという攻防だが、東電の分が悪いと私は思う。

 興味深い逸話がある。

 日経新聞1月22日朝刊(東京版)の1面トップは「スマートメーター東電、1700万世帯に導入/ほぼ全家庭に」というニュースだった。

東電、スマートメーター1700万世帯に導入(日経) 魚拓
スマートメーター(smartmeter)はデジタル式の電力メーターである。使用量の累計を示すだけの従来のアナログ式と違い、どれくらい使っているか、利用者は常にチェックし、制御できる。検針員もいらない。省エネと経営コスト削減の切り札になると言われている。

 その導入計画は、東電が来月まとめる総合特別事業計画の目玉の一つである。注目の論点はスマートメーターをどこから調達するかだった。

 東電の原案は系列企業から1台2万~3万円の特注機器を300万台調達するというものだった。海外メーカーの標準は1台1万円程度(米、独、カナダが先行)なのに。

 そこで「原子力損害賠償支援機構」が動いた。これは破綻しかけた東電をバックアップする官民合同組織。東電から見れば占領軍のような存在だ。東電の国有化を探る立場は経産相と同じ。この機構が、ファミリー企業優先の「東電ムラ」感覚の原案を差し止め、国際入札方式に修正した。日経は経緯も含めて修正案を伝えた。

 修正の経緯を知る関係者によれば、東電が原案を機構に示したのは昨年11月末か12月初めのこと。それも「あさって発表します」という切羽詰まった通告だった。機構側が「どういうことだ」と反発、激しいやりとりになったという。

 デジタル化は便利だが、システムは脆弱(ぜいじゃく)になる。検針員や系列企業の社員の雇用に無慈悲でいいということはない。課題は残るが、旧弊を破る挑戦、惰性を断ち切る努力を軽く見るべきではない。それが、癒着とたるみを背景に起きた原発事故の教訓ではなかったか。

 総合特別事業計画の策定と引き換えに政府は東電に1兆円出資する。経産相が東電社長を見据え、出資に見合う議決権をくれなければ「私がこの任にある限り(計画を)認定するつもりは全くありません」とタンカを切った(13日)。

 出資に見合うレベルとは株主総会の議決権の3分の2超。それを握れば、政府は東電の事業を再編できる。今は一体の発電と送電を別々に営むこと(発送電分離)もできる。

 それで経済が活性化するという期待と、電力供給が不安定化して逆に経済基盤を壊すという批判がある。政府は分離を目指すのか。渦中の政府関係者に聞くと、こう答えた。

 「教条主義的な発送電分離論に関心はない。原発増設で設備投資が急伸した高度成長の体制を見直し、原発新設ゼロと節電の時代に合う体制に変えることが基本。旗振り役のトップは社外から迎えたい」

 無給で奮闘の西沢社長には頭が下がるが、体制内改革の限界は既に明らかだ。

 財務省は3分の2の議決権掌握に反対だ。握れば財政負担を迫られるから。「増税」一点突破主義の首相は東電改革に関心が薄い。それが現実だが、経産相にメゲてもらっては困る。政治主導に期待する。
関連記事

category: 東電関連

tag: スマートメーター  東電  枝野 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1021-6052eb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。