07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【北海道東部海底に「固着域」か 北海道の沿岸でも巨大地震の可能性が明らかに】 

情報元 NHK 魚拓

記事内容

kizi69.jpg

過去に大地震が起きている、北海道東部の太平洋沿岸の海底に、海側の岩盤と陸側の岩盤の境目がほとんど動いていない「固着域」と呼ばれる領域が2つあるとみられることが、国土地理院の分析で分かり、専門家は、観測態勢を充実させる必要があると指摘しています。
国土地理院は、17日に開かれた地震予知連絡会の定例の会合で、北海道東部の太平洋沿岸の地殻変動の分析結果を報告しました。
それによりますと、去年3月の巨大地震が起きる以前の4年間の観測データから、太平洋プレートという、海側の岩盤が陸側の岩盤の下に沈み込んでいる千島海溝に近い海底に、岩盤の境目がほとんど動いていない「固着域」とみられる領域が見つかりました。
固着域」は、十勝沖から釧路沖にかけてと、根室半島沖から色丹島沖にかけての2か所にあり、岩盤の境目にひずみがたまることで、今後、地震が起きる可能性があるということです。
北海道東部から北方四島にかけての千島海溝沿いの海底では、繰り返し大地震が起きていて、過去には広い範囲に大津波が押し寄せる巨大地震も起きています。
地震予知連絡会の部会長で、名古屋大学大学院の山岡耕春教授は、「北海道の沿岸でも巨大地震の可能性が明らかになりつつあり、海底の地殻変動などの観測態勢を充実させる必要がある」と話しています。
関連記事

category: 地震

tag: 北海道  固着域  巨大地震 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1013-83248c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。