05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【2012/02/15(水) 第4回 国会 東京電力福島原​子力発電所事故調査委員会 寺坂氏の答弁】文字起こししました  4/4 

2012/02/15(水) に行われた第4回 国会 東京電力福島原​子力発電所事故調査委員会の内容を文字起こししています
(協力 50男さん)

【参考人】
 斑目春樹 原子力安全委員会委員長
 寺坂信昭 前 原子力安全・保安院長

ニコニコ生放送をごらんになれない方はこちらから
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41555

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:13:28


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)



――なるべく、時間が来ます、来るので、質問、なるべく短くしますが……
じゃ、ぜひ、崎山・横山組。すいません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:13:36

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
崎山比早子(医学博士、元放射線医学総合研究所主任研究官)

前原子力安全・保安院長
寺坂信昭



【大飯原発のストレステスト】

――大飯の原発のストレステストですけれども、
今までの態勢を反省したとおっしゃっていましたけれども、
ストレステストの審議の進め方、
テレビなんかで見ていると旧態依然として、進めていらっしゃると、
批判的な意見というのはあまり汲み上げないというような
印象を受けますけれども、
現在、あの、もうリタイアされてらっしゃると思うんですが、
そういうことに関してはどういうご感想でしょうか。

――ちょっと私自身、離れておりますんで、そのことと直接タッチしておりませんので、
運営のしかた、その他についてのお答えは、申し訳ありませんけれども、
差し控えさせていただければと思います。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:14:36

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
横山禎徳(社会システム・デザイナー、東京大学エグゼクティブ・
マネジメント・プログラム企画・推進責任者)

前原子力安全・保安院長
寺坂信昭



【深層防護の思想とオフサイトセンターの機能不全】

――よろしいですか。時間があまりないんですが。委員の横山です。
被曝管理と、それから人命保護について二、三、お伺いしたいんですが。
 まず、事実としてオフサイトセンターが機能しませんでしたが、
これはなぜだと思われますか。

――オフサイトセンターはいろんな課題が結果的に出てきたと思っておりますが、
いくつかある課題、備蓄のものが足りないとか、あるいは水が使えないとか、
そういったことございますけれども、今のご質問との関係で申し上げますと、
被曝を防ぐフィルター、そういったものについての備えが十分できていなくて、
オフサイトセンターそのものについても、なかなか行動が難しかったということが
あるかと思います。


――基本的に先ほど田中委員がおっしゃったようにインデプス、深層防御、
インデプスというのは深層だと思うんですが、
それも多重って訳されたりしているんですが、
実際に多重防御というのは、非常用電源のように多様でないから、
多重であっても全部駄目になってしまうと。ま、ひとつ残りましたけれども。
そうすると、深層というふうに組み立てるのは思想であるとすると、
それは原子炉だけであって、そのまわりのオフサイトセンターというのは、
多層防御とか多重という観点から見ても、ひとつしかないというのは、
どんなふうにお考えでしょうか。

――場所というか、いろんな機能を備えているという点ではひとつでございますけれども、
第2オフサイトセンターというものを、予定は、もともと予定はされておりました。
今回、そこは震災その他の関係で使えなかったわけでございますけれども……


――どのへんにあるんですか。

――南相馬市が……

――距離的には。

――距離的には10キロの外……

――だから10キロ以上離れたところですか。

――はい。

――だから、実際には、
ディープ・インデプスであれば、何ヶ所かあっておかしくなかった。
それから電源が喪失しないように、えー、使えなかったということなんですが、
それも何層かあるということだったんであろうなと。
で、それは計画はされていたと。

――そこは十分な計画にはなっていなかったと思います。

【現場作業員の被曝線量限度の変更への保安院の関与】

――ああ、そうですか。はい、あとは、実際にコトが起こったときに、
東電から相談されて100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに
業務従事者の被曝線量限度を上げたと、で、その理由はあるんでしょうけれど、
何かをゆるめるときには何かをきつくすると、いう形で、全体のコントロールをする
というふうに常識的には考えますが、そのときに、保安院としては、
どういう判断をされ、どういう助言をされたんでしょうか。

――一方をゆるめて一方をきつくという意味での、
一方をきつくというのはなかったと思います。
作業が進められなくなるということになってはいけないということでございますので、
100を250に上げるということについて、これから関係省庁と
どう考えたらいいかということで話をして、決まったものと思います。


――そうすると、事業者に基準を守り、しかも被曝量を少なくするということは、
何を担保するかということは、彼らに任されたということですか。

――その時点ではそういうことでございます。

【住民の被曝管理への保安院の取り組み】

――それから、いずれにしても事業者の被曝に関しては
かなり管理されたようなんですが、
住民の被曝管理というのは何か具体的にやられたことはございますか。

――住民の被曝管理という意味におきましては、
とにかく避難をしていただくということがまず第一でございまして、
避難の仕方、そういったことについては、
先ほど来の話があるわけでございますけれども、
今度は避難した先でどういうふうに見ていくのか、
急な避難をする、しないという、短時日の間の話と、
それから、これから、この様子に置くと、
避難そのものが長くなるかもしれない、なりそうだと、
そういうなかで、どのように住民の方々、
どれだけ被曝が、小さくなるようにということでの検討を
行っていたものでございます。


――で、検討結果はどこに流されいたわけですか。

――検討結果はそういうものに始まる直接のきっかけは
たしか15日か16日に、いわゆる逆算方式って言うんでしょうか、
そういったことで、どのくらいの蓄積になっていくのかっていうのが
ある程度できるのではないか、で、その前に
モニタリングのデータの問題というものが特定の地域において高くなってきていると、
そういうものがあったわけでございますので、
そういうなかでの検討が開始されたものでございます。


――それは保安院から、保安院で検討されたんですか。

――保安院というよりも、これは原子力安全委員会と、それから、
文部科学省さんのところが中心だったと思います。


――保安院はそのときには何かの役割をされたんですか。

――保安院は、積極的に情報を確認したうえでのもので、
情報は流すとか、そういったものはもちろんありますけども、
作業そのものに積極的な何かがあったというふうにはあまり記憶しておりません。


――それから先ほどの大島委員のご質問と絡むんですが、
いろんな意見があり、いろんな形の提案がされたけれども、
そういうことは日本では起こらないだろうという
気持ちがあったとおっしゃったんですが、
とはいえ、40年間、技術は変わっていたはずであって、
そのへんの情報収集とか、最終的には使わないという判断をされたとしても、
情報収集とかある程度の研究とか、そういう態勢というのは存在したんですか。

――情報集めて、例えば基準とかそういった技術的なもの、
あるいはトラブル情報、そういったことについては、
主としてジェイネス(JNES 独立行政法人原子力安全基盤機構)
のところもデータベースとして作っておりまして、
それなりに運用されていたと思いますけれども、
それがどういうふうに役に立っていたか、
どのように使われていたか、
という点については必ずしも十分ではない点があったのかもわかりません。


――その場合に、被曝とか、今、住民の被曝とか、従事者の被曝であるとか、
そういう側面でも情報は集まっているものなんです。

――プラント情報が中心です。

――はい。わかりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:23:14


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)



――じゃ、ちょっと、最後になりますけど、短くね、短く。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:23:20


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員
野村修也(中央大学大学院法務研究科教授、弁護士)

前原子力安全・保安院長
寺坂信昭



【保安院長の官邸との連絡方法と連絡回数】

――すいません、もう一度だけ、お伺いしたいんですけれども。
先ほど、寺坂元院長は、保安院の組織は専門性が乏しいと、
いうふうにご発言されたんですけれども、
たいへん残念なのは院長自身が文科系なので、
いちばん大事なときに官邸にいられなかったということも
今日、ご発言されてるわけですね。
そういう意味では、専門性が乏しかったのは院長ご自身ではないのかと
いうふうに私どもは皆、感じているわけです。
しかし、そうはいっても、一定の役割を果たしたとおっしゃるんだとすれば、
官邸からお戻りになられて、そこで官邸との間ではしっかりとした連携を
とっていていただいたものと、信じたいわけなんですが、
先ほどの櫻井委員のほうからのご質問のなかでは、
必ずしも、出した情報がどこにまで伝わったかは確認しなかったと、
そういうご発言もあるわけですね。
そこで、ちょっと一点だけお伺いしたいんですけれども、
官邸との間ではどうやって連絡をとっておられたんでしょうか。

――それぞれのレベルはございますが、私自身は主として電話における連絡、
からあとは、担当から入る情報、そういうことでございます。


――わかりました。電話なんですけども、電話の記録、私ども、
あとで拝見させていただこうと思うんですが、
実際、官邸との間では、何度くらいの連絡があって、
そしてどういう指示を出されておられたんでしょうか。

――ちょっと回数として明確に出てまいりませんが、
私自身が直接指示しているものはそんなに多くないと思います。


――だいたいの数で結構なんですが。

――……んー、まぁ、数回程度だと思います。

――10回に満たないということでよろしいですね。

――いやあ、なってないと思います。

――わかりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
01:25:25


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長
黒川清(医学博士、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)

前原子力安全・保安院長
寺坂信昭



――はい、残念ながら時間も来たんですが、
いくつか、皆さん言ってるのは、やっぱし、
院長も本当にご苦労なことだったと思いますが、
やっぱし、事故のときに専門性の問題というのはありますし、
そのときのいろいろな状況はあったかもしれないけれども、
まあ、みんなが聞きたいのは例えばあのプレスのほうもですね、
あっという間に中村さんから西山さんになるまで4人ですか、
パッパッパッと変わったのももちろん院長も認識されておられるわけだし、
それから IAEA の反応に対しての、
今度は新しいガイドラインの作り方にも
いくつものコメントが出てきてますが、
それが反映されてる部分とも思えないところもいくつもありますし、
まあそんなことで今日のお話を伺ってるとですね、
今の国会で審議されてることも結局は人の問題だと、
組織の問題だと、適材適所だということを
本当に責任もってやれるかということが、
皆、ちょっと心配してるんじゃないかな。
組織を移すだけじゃ変わるわけがないので。
そこのところを、2回、次長と院長をやられたわけですので、
ひとことで言えば、そういうことの責任はあるわけですし、
議事録の話も是非またあとで、すぐ伺いたいと思いますが是非、
それについても今まとめておられますとおっしゃってるので、
それについて、専門性の問題、
それからやっぱし長としての責任の問題、
それからそれまでのあいだでの不作為の問題、
いろんな話が出ましたけれども、
是非ですね、そういう、後輩に向かって、今度の今の国会の議論踏まえて
じゃあ、どう、ひとこと是非言ってほしいことは、
どんなにしたら信用がされるようになるのか!
それは日本だけじゃないんですよ、
これだけの先進国で技術立国なんて言ったのがこんな体たらくかね、
なんて思われてるわけなので、是非、寺坂院長の熱い思いを
後輩に言っていただきたいと思いますがどうでしょうか。

――本日もいろいろなご指摘、ご批判をいただいたわけでございますので、
そういう立場から何か申し上げるということはあまり適してないのかも
わかりません、わかりませんけれども、いわば緊急時の対応というものを、
どういう体制で、どういうふうに持っていくのか、
これは備え不足ということで申し上げた話でありますけれど、そういうこと。
 それからやはり安全基準、行政庁は基準にしたがって、どうしてもやる、
それを越えるってことについては、何らかのことがないと、
なかなか難しくなるっていうのもまた現実でございますので、
そういう基準作りというものを、この機会にあらためてしっかりやり、
日々、安全を第一として進んでいく、そういうことが、
最も重要なものだというふうに考えてございます。


――ありがとうございます。
IAEA のほうも日本の基準作りが非常に責任逃れ的な記述になってる、
何をするべしとか、そういう話でね、
ディテールは、きちっとやってないなーというのは、
各国、比べていただけると思いますが、
どうやって、その、規制庁がやってるのかという話をきっちりと。
ある程度、世界が見れるように、みんな見てますから。
またこんなことやってるのかは言われても困るのでね。
是非そのへんをしっかりやってもらいたいと、
こちらの委員会では思っておりますし、
是非、前院長としてもそういうことを、
是非、伝えてもらいたいと思っております。
そういうことで、本当に今日はお時間いただきまして
ありがとうございました。
 そういうことで今日の委員会はこれで終了させていただきたいと思いますが
よろしいでしょうか。何かありますか。そうですか。
 ではこれで散会といたします

――どうもありがとうございました。

1/4はこちら
2/4はこちら
3/4はこちら
関連記事

category: 原発情報

tag: 原発  事故調査  寺坂  文字起こし 
cm 3   tb 0   page top

コメント

このような貴重な情報を提供していただき、ありがとうございます

私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ?2012/02/15(?) ?4???? ???????????????????? ????????????????? 4/4 - ?????????????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
website design #mB84rXiY URL [2012/02/22 05:59] edit

このような貴重な情報を提供していただき、ありがとうございます

私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ?2012/02/15(?) ?4???? ???????????????????? ????????????????? 4/4 - ?????????????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
seo vancouver #mB84rXiY URL [2012/02/23 09:28] edit

Re: このような貴重な情報を提供していただき、ありがとうございます

> 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ?2012/02/15(?) ?4???? ???????????????????? ????????????????? 4/4 - ?????????????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

Thank you very much!Moreover, please come.
なゆ #- URL [2012/02/23 10:05] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://genpatsu173.blog.fc2.com/tb.php/1009-2a05385d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。