07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【東電次期社長は広瀬直己氏(59)で最終調整へ 社内では勝俣会長が西沢氏の続投を模索する動きもあった】 

0001.jpg

 東京電力は7日、西沢俊夫社長(61)の後任に広瀬直己常務(59)を昇格させる方向で最終調整に入った。8日の臨時取締役会で正式決定する。政府は先月、東電の次期会長に原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦運営委員長を内定した。1兆円の公的資本を注入して実質国有化する新生東電改革の司令塔となる首脳の顔ぶれが固まった。
 広瀬氏は一橋大卒業後、76年に東電に入社。3年の企画畑以外の大半は営業部門で顧客に対応する職場だった。10年6月に常務に昇進し、昨年3月の東日本大震災による福島第1原発事故を受け、福島原子力被災者支援対策本部副本部長として被災者への賠償や広報などの実務を担ってきた。同社のトップとして異例の抜てきとなる。
 西沢氏の後任をめぐっては、会長に就任する下河辺氏が4月19日、西沢社長の退任を求め、内部から後任を選ぶ考えを明言した。社内では勝俣恒久会長(72)らが西沢社長の続投を模索する動きもあったが、結果的に政府が封じた形だ。下河辺氏も電力会社の経営経験はないことから、実務を指揮できる広瀬氏に落ち着いた。

毎日新聞


ってことは勝俣会長の力はあまり残ってないってことなんだな
しかしこれ、昇格なのかねぇ
よくわからんなぁ

正直、西沢氏でも広瀬氏でも大差ない気がする
スポンサーサイト

category: 東電関連

cm 0   tb 0   page top

【電力の値上げを拒否することが出来る事を知った自治体に、東電が「広めないで」と言っていた事実が発覚!】 

大口の電気料金値上げ問題で、値上げ拒否が可能だということを知った自治体に対して、東京電力が広めないでくださいとお願いしていたことがわかった。

昨日夜、関東地方知事会が電気料金値上げ問題で東電社長を呼び、怒りを爆発させた。
「自分たちは値上げするけど、自分たちのリストラはゆっくりやっているんですか!」
東京都の猪瀬副知事は、お願いのときはだますようなやり方で、それがばれちゃったら、今度は電気を止めるぞと高飛車に脅かすようなことを言う。この値上げのやり方に東電の体質が見えてくる。


20120329 “値上げ拒否可能”を東電「広めないで」 投稿者 PMG5

category: 東電関連

tag: 東電  広めないで  値上げ  拒否 
cm 0   tb 0   page top

【東電 親戚の家に避難している被災者に月6万の賠償 1日2000円ってどこの素泊まりですか?】 

時事通信の記事
親戚宅避難も賠償=宿泊費月6万円-東電

東京電力は5日、福島第1原発事故後に避難指示などに伴い親戚や知り合い宅に避難した場合の宿泊費用として、1世帯あたり1カ月6万円を上限に賠償を実施すると発表した。対象期間は昨年3月11日から同11月末まで、1泊当たりの標準賠償額は2000円。宿泊を証明する書類の提出が困難なため、原則として申告に基づき賠償に応じる。
 また避難指示区域から、全住民が賠償対象となる福島県内23市町村に避難した場合には、住民に準じた賠償も実施。妊婦と子どもは1人当たり40万円、それ以外の避難者は8万円をそれぞれ支払う。いずれも原則的に今月9日に請求書類を発送、同16日から請求を受け付ける。



一ヶ月6万ってことは1日2000円あたりだ
屋根のある場所で、最低限 雨風しのげてよかったねってレベル
しかもこれ、1人あたりではなく1世帯あたりの賠償金額です
仮に5人で親戚の家で世話になったとして
1日あたり1人400円ってこと

1人1日宿泊で400円
-- 続きを読む --

category: 東電関連

tag: 東電  避難  被災者  賠償 
cm 0   tb 0   page top

【東電が購入を見送った「CO2排出権」ってなんだろう?温暖化とCO2との関係について考えてみた】 

今日の読売新聞の記事

東電、CO2排出権購入見送り…温暖化対策後退

記事抜粋

東電は2007年度から排出権の購入を始め、10年度までの4年間で615億円をかけて、年間のCO2排出量の4割にあたる計4170万トン分の排出権を取得した。CO2の排出量を1キロ・ワット時あたり0・304キロ・グラム以下にする目標を立てたが、08~10年度は3年連続で目標を達成できていない。また、11年は100億円程度を購入する計画だったが、原発事故後に排出権を購入したかどうかは明らかにしていない。

 東電は国内電力需要の3割程度を供給しており、CO2の排出量は国内で最も多い。東日本大震災後は、発電時にCO2を出さない原発の稼働率が大幅に落ち込むとともに、火力発電への依存度が高まり、CO2の排出量は増えている。東電が排出権の購入を見送ることは、日本のCO2排出量を増やしかねない。



この記事に出てくるCO2排出権って何なんだろう?
調べてみた

CO2排出権・・・CO2の削減を目指した取引のことをいいます。温室効果ガスの排出枠を企業や国が交換することで、地球全体で温暖化防止に取り組むものです。


・・・えっ!!

これじゃわからん・・・

更に
-- 続きを読む --

category: 東電関連

tag: CO2排出権  東電  温暖化 
cm 0   tb 0   page top

【掘り出し記事!〝戦犯〟3人を憤怒直撃! これで電気料金10%アップなど許せるか 「15m超の津波試算」を 闇に葬った東電トップ】 

情報元 現代ビジネス 魚拓1 魚拓2 魚拓3

記事内容

img_3f86d941e4e4da5e4fa51ea5249114f8179243.jpg

「うん、うん、はい、はい、はい、はい」

img_7139d93724da42bbe5a36269e861688c76836.jpg
何を聞いても「うん、うん、はい、はい」しか言わなかった武藤顧問。津波試算を知っていた〝戦犯〟の一人だ
 

 記者が「'08年時点で津波に関する試算を出していたということですが」と問いかけると、東京電力の武藤栄顧問はうんざりした表情になり、質問を遮るように曖昧な相槌を繰り返した。福島第一原発事故を防止できたかもしれない津波試算を闇に葬り去った張本人は、何も答えず自宅へと入っていった---。

 東電が、福島第一原発に高さ15m以上の津波が到達する可能性があることを、'08年に試算していたことが判明した。そして、当時、原子力・立地本部副部長だった武藤氏や、原発担当の武黒一郎副社長(当時)らはこの試算を知りながら、何の対策も取らなかったのである。試算結果が原子力安全・保安院に報告されたのは、3年も経った、奇しくも東日本大震災4日前の今年3月7日だった。

 8月24日に行われた東電の定例会見では、この件に記者からの質問が集中した。
-- 続きを読む --

category: 東電関連

tag: 東電  武藤  藤本  勝俣 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。