10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【緊急!!皆さんにお願いです!!関東の生花から高濃度セシウムが検出された記事を削除した経緯について】  

4月22日に私が記載した
関東生花からセシウムが検出された件、詳細です。福島の鉢植えのカーネーションの土から10250ベクレル検出】
の記事ですが

先ほど、木下黄太さんと直接電話で話をさせて頂いて
シンポジウム会場で質問されていた女性の方が測定したものではなく
虚偽の可能性が高いと言うことが判明しました。

これは、質問されていた女性が虚偽の情報と認識した上で質問したものではなく
虚偽の情報を知らずに質問してしまったと言う事でした。

こちらも真意を確かめず、シンポジウムで出された物を記載しましたことをお詫び致します。

先ほど、内部被爆問題研究会からメールで回答を頂きました。


「発言された方は、直接測ったわけではなく、間接的に聞いた数字について、これがどうなのか心配なので追試をしていただきたいとのご発言です。」

との事でした。

女性が虚偽だと認識した上での発言ではないと言う点を皆さんにご理解頂きたく
この件に関する記事を削除させて頂きます。
記事に多くのコメントを頂きましたが、記事ごと削除になります。
その点、深くお詫び申し上げます。

また、当ブログからこの件を拡散して頂いた方には
お手数ですが、その件を削除して頂きたくよろしくお願いいたします。
また、質問された女性の方のためにも動画を貼り付けておられる方は削除していただきますよう
よろしくお願いいたします。

この記事に関してリツイート及びフェイスブックで拡散して頂いた方にも
お手数ですが、今回のブログの内容を拡散して頂きたくよろしくお願いいたします。

このような騒ぎになり、自分自身驚いております。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

質問された女性の方は、この数値に疑問を感じシンポジウムで質問して下さいました。
女性の方を叩いたりしないよう、心からお願いいたします。

また、木下黄太さんには
お忙しい中、お知らせして頂きありがとうございました。
お電話でもお伝えしましたが、改めて感謝致します。

スポンサーサイト

category: 放射性物質関連

tag: 関東  生花  放射能  汚染 

放射能、2ルートで関東に セシウム汚染図12都県分 

放射能、2ルートで関東に セシウム汚染図12都県分

t_TKY201110230383.jpg


東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性物質について、文部科学省による12都県分の汚染マップが公表された。関東地方では、栃木、群馬の北部、茨城南部などで比較的、汚染度が高い地域がある一方で、東京、神奈川の首都汚染はごく一部にとどまった。この違いには天候や風向きが深くかかわっていた。

 朝日新聞の集計では、被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以上の地域は約1万3千平方キロ(日本の面積の約3%)に及ぶ。福島県が約8千平方キロと大半で、群馬、栃木両県で計約3800平方キロになる。群馬と栃木の汚染地域を土壌の放射性セシウム蓄積量で見ると、北部の山間部が多い。宇都宮市、前橋市、高崎市など、人口の多い南部は比較的少なめだ。

 山沢弘実・名古屋大教授(環境放射能)は、放射性物質が集まる放射性プルーム(放射性雲)によって主に二つの経路で汚染が広がったという。

 第一の経路は、2号機の炉心露出などで放射性物質の放出が深刻だった3月14日深夜~15日午後。プルームは関東平野にかけて広域に時計回りに流れる状況が15日未明まで続き、午後には北西へ向きを変えた。

 気象庁によると、15日夜~16日未明、福島、栃木、群馬で雨が降った。山沢教授は「プルームが雨や雪で地表に落ち、汚染された可能性が高い」と指摘する。埼玉西部や東京西部の一部も汚染された可能性があるという。

 第二の経路は21日夜~22日未明。プルームは茨城沿岸から千葉を通り南下した。関東地方は広い範囲で雨が降り、茨城では沿岸や南部周辺に、千葉では柏市周辺に「ホットスポット」をもたらした疑いがある。

 だがプルームは都心の手前で南下し海へ流れた。

 山沢教授は「低気圧が房総半島の南にあり、そこに向かって風が流れたため」と推測。このため2200万人が住む東京と神奈川の汚染は、東京東部(葛飾区周辺)など一部だった。

 三上岳彦・帝京大教授(気候学)は「発達していない低気圧だったため、弱い雨だった。より内陸に接近していたら都心の汚染状況はもう少し深刻だったのかもしれない」と話す。

 首都圏では、汚染マップでは見えない局所的なホットスポットが市民らにより見つかっている。文科省は千葉、東京などで地上の測定を拡大、西日本の汚染マップもつくる方針だ。

category: 放射性物質関連

tag: 放射能汚染  関東  セシウム  汚染図  12県都 
cm 0   tb 0   page top

文部科学省による、航空機モニタリング結果 

文部科学省による 航空機モニタリング結果 pdf

category: 食品関連@お米

tag: 関東  千葉県  放射能  埼玉県  福島県  群馬県  モニタリング 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。