03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【緊急特集 完全保存版 東京「震災避難マップ」で我が身を守る 巨大地震から どうやって逃げる、どこへ逃げる 最終回 台東区・墨田区・江東区・荒川区 足立区・葛飾区・江戸川区編】 

情報元 現代ビジネス 魚拓1 魚拓2 魚拓3 魚拓4

記事内容

kizi75.jpg

総武線と荒川の間に広がる「火災危険地帯」。さらに「液状化」と「津波」の恐怖も抱える城東地区で、〝より安全な場所〟をどう見つけるか

 東京23区を城南地区、城北地区、城東地区の3つに分け、震災時における火災危険度と各広域避難場所をマッピングした「東京震災避難Map」(広域以外の主な避難所は表に記載)。最終回は東京の城東地区(台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区)を紹介する。この地域は、東京の中でも最も地震に弱い一帯と言われている。最悪の場合、火災や建物倒壊だけでなく、液状化や津波にも襲われる可能性があるのだ。

 まずは火災危険度の高い地域を見ていくことにしよう。上の「震災避難Map」を見ると、総武線と荒川に挟まれた一帯が、火災危険度5の地域を多数含む火災危険地帯となっていることが分かる。広域避難場所に指定されている谷中墓地、荒川自然公園、都営文花一丁目住宅などはいずれも、火災危険地帯の真ん中にある。火災に巻き込まれる危険があるため、こうした避難場所へ避難するのは避けるべきだろう。防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏が言う。

「マップを見ると、他にも西新井、尾久、大島などの周辺は火の海になる危険性があります。この辺りは戦後、東京が焼け野原になった時、区画整理もされぬまま人々がバラックを建て、それが木造住宅に変わった地域で、住宅の建て替えを促進しなくてはならない都の重点区域なのですが、建て替えはまったく進んでいないのが実情です。住宅密集地帯では簡単に延焼が起こるし、西新井周辺では火災旋風(大規模火災で起こる竜巻状の火柱)が起きてもおかしくありません。ところが、消防車は火災で逃げ惑う人々がいる箇所には近づくこともできず、消火活動はできない。消防は同時多発的な火事には事実上、対応できないのです」
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 地震

tag: 地震  被災  避難  東京 
cm 0   tb 0   page top

【まだ間に合うM8M9大地震に備えよ やってる家族はここまでやってる】 

情報元 現代ビジネス 魚拓1 魚拓2 魚拓3 魚拓4 魚拓5

記事内容

「わかっちゃいるけど、やっていない」そんな調子で後回しにしがちな地震対策。だが、家族の命を守るために研究を重ね防災の専門家になってしまった主婦もいるのだ。あなたも負けてはいられない?

ガラスには飛散防止フィルムを

 近い将来、起きるとされる首都圏直下や東海・東南海・南海3連動などのM8M9大地震。自分と家族の命を守るために、何を備蓄し、どんな約束をしておけばいいのか。
-- 続きを読む --

category: 地震

tag: 地震  防災  被災 
cm 0   tb 0   page top

【青森県が岩手県気仙沼の震災木くずを受け入れ、5自治体が合意書】 

情報元 東奥日報 魚拓

記事内容

東日本大震災で発生した宮城県気仙沼市の木くずを東北町の中間処理業者が受け入れるのを前に、17日、県、同町を含む関係5自治体が合意書を結んだ。木くずは、被災家屋を解体した角材など。気仙沼港から海上運搬され、23日に六ケ所村のむつ小川原港に搬入。村内に仮置きした後、中間処理業者が破砕し木材チップとして再利用する。
-- 続きを読む --

category: がれき

tag: 青森  岩手  木くず  被災 
cm 0   tb 0   page top

被災の子ども支援機関設置へ 

被災子ども支援機関設置へ

東日本大震災被災地では、子どもたちの心のケアに当たる専門家が不足していることから、全国の精神科医や臨床心理士などが集まって、新たな支援機関を立ち上げ、継続的に専門家を派遣するなど子どもたちの支援を行うことになりました。
震災のあと、夜泣きをしたり外で遊ばなくなったりするなど、精神的に不安定になる子どもは少なくありませんが、厚生労働省によりますと、被害の大きかった東北の3つの県には、子どもの心のケアに詳しい精神科の医師や臨床心理士などの専門家が少ないのが現状です。こうしたことを受けて、子どもの心のケアに関する専門家が集まって、東京・港区に新たに「東日本大震災中央子ども支援センター」を設置することになりました。センターでは、全国の44の専門家の団体と協力し、医師などの長期的な派遣を年内にも始めるほか、子どもたちと現地で日常的に接している保育士や教員への研修を行うことにしています。

ソース元:NHKニュース

category: 放射性物質関連

tag: 被災  子ども  支援機関  放射能汚染  原発事故  東日本大震災 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。