10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【東京都・千代田区 イベントのお知らせ】3・8 「金子勝さんに聞こう、話そう、原発のこと! ~電力料金値上げ、原発再稼働をどう考える?」 

内  容:「電気料金の値上げ」、「原発再稼動」の2つのテーマについてご講演いただきます。
テーマごとに、質疑応答の時間を設けます。
日  時:3月8日(木)13:30~16:00

会  場:主婦会館プラザエフ 7階 カトレア
東京千代田区六番町15

講  師:慶應義塾大学経済学部教授
金子 さん

参加費:500円

申込み方法:3月6日までにお申し込みください。
*FAX、メールでお申し込みください。
  FAX:03-5216-6036
  MAIL:takayo.tanaka@shodanren.gr.jp
  会場定員の関係で先着100名とさせていただきます。
  定員を超えた場合のみご連絡いたします。

詳細はこちら

全国消団連、主婦連合会共催 ホントのことを知りたい!!学習シリーズ
スポンサーサイト

category: イベント情報

tag: 東京  千代田区  金子   
cm 0   tb 0   page top

【東京都・葛飾 デモのお知らせ】3・4原発いらない! 葛飾アクション in 亀有 

3月4日(日)午後1時から  亀有リリオパーク(亀有駅南口線路脇)
  プレイベント   リレートーク  パレード(青戸平和公園まで)

「事故収束宣言」、「原発輸出」や「再稼働」の動きなど脱原発に逆行する
 動きが目立っています。葛飾区の放射能汚染対策も、住民の声に押されよ 
 うやく動き出した感がありますが、まだまだ本腰が入ったものになってい
 ません。
 原発事故から1年、もう一度大きな声をあげましょう

詳細はこちら

「原発いらない! 葛飾アクション」のホームページ

category: デモ情報

tag: 亀有  葛飾  東京  デモ 
cm 0   tb 0   page top

【東京都・三鷹 デモのお知らせ】さよなら原発!三鷹アクション その2 3.4 リレートーク&パレード 

さよなら原発!三鷹アクション その2
3.4 リレートーク&パレード
 2012年3月4日(日)
 リレートーク:13:30開演@三鷹市民協働センター
 パレード:15:00下連雀きたうら児童公園出発 16:30井の頭公園西園解散

kizi101.jpg


詳細はこちら

さよなら原発!三鷹アクション

category: デモ情報

tag: 東京  三鷹  デモ 
cm 0   tb 0   page top

【枝野氏 東京でも避難が必要になる『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った。そうならないよう押さえ込まなければいけないと考えていた】 

情報元 NHK 魚拓

記事内容


kizi81.jpg
kizi82.jpg


東京電力福島第一原子力発電所の事故の検証を進めてきた民間の事故調査委員会が、28日、報告書を公表します。
この中では、政府内部で事故直後から被害拡大への危機感が強まり、当時の枝野官房長官も「東京でも避難が必要になる『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った。そうならないよう押さえ込まなければいけないと考えていた」と心境を明かしていることが分かりました。
エネルギー問題の専門家や元検事総長ら6人の有識者が委員を務め、国から独立した立場で原発事故の調査を進めていた民間事故調=「福島原発事故独立検証委員会」は、去年の9月から半年間にわたって日米の政府関係者らおよそ300人に聞き取りなどを行ってきました。
-- 続きを読む --

category: 原発情報

tag: 枝野  悪魔の連鎖  東京 
cm 0   tb 0   page top

【緊急特集 完全保存版 東京「震災避難マップ」で我が身を守る 巨大地震から どうやって逃げる、どこへ逃げる 最終回 台東区・墨田区・江東区・荒川区 足立区・葛飾区・江戸川区編】 

情報元 現代ビジネス 魚拓1 魚拓2 魚拓3 魚拓4

記事内容

kizi75.jpg

総武線と荒川の間に広がる「火災危険地帯」。さらに「液状化」と「津波」の恐怖も抱える城東地区で、〝より安全な場所〟をどう見つけるか

 東京23区を城南地区、城北地区、城東地区の3つに分け、震災時における火災危険度と各広域避難場所をマッピングした「東京震災避難Map」(広域以外の主な避難所は表に記載)。最終回は東京の城東地区(台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区)を紹介する。この地域は、東京の中でも最も地震に弱い一帯と言われている。最悪の場合、火災や建物倒壊だけでなく、液状化や津波にも襲われる可能性があるのだ。

 まずは火災危険度の高い地域を見ていくことにしよう。上の「震災避難Map」を見ると、総武線と荒川に挟まれた一帯が、火災危険度5の地域を多数含む火災危険地帯となっていることが分かる。広域避難場所に指定されている谷中墓地、荒川自然公園、都営文花一丁目住宅などはいずれも、火災危険地帯の真ん中にある。火災に巻き込まれる危険があるため、こうした避難場所へ避難するのは避けるべきだろう。防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏が言う。

「マップを見ると、他にも西新井、尾久、大島などの周辺は火の海になる危険性があります。この辺りは戦後、東京が焼け野原になった時、区画整理もされぬまま人々がバラックを建て、それが木造住宅に変わった地域で、住宅の建て替えを促進しなくてはならない都の重点区域なのですが、建て替えはまったく進んでいないのが実情です。住宅密集地帯では簡単に延焼が起こるし、西新井周辺では火災旋風(大規模火災で起こる竜巻状の火柱)が起きてもおかしくありません。ところが、消防車は火災で逃げ惑う人々がいる箇所には近づくこともできず、消火活動はできない。消防は同時多発的な火事には事実上、対応できないのです」
-- 続きを読む --

category: 地震

tag: 地震  被災  避難  東京 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。