03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【埼玉県 熊谷・日高・横瀬 3箇所の被災地瓦礫問題 木くずは基準値内】 

東日本大震災で発生した岩手県のがれき(木くず)の受け入れを表明している県は25日、熊谷日高横瀬の県内3カ所のセメント工場で木くず約84トンを焼却する実証試験を行った。焼却前の木くずの段階での空間放射線量などは、3カ所とも県の受け入れ基準未満だった。県は各工場の地元住民の理解と、工場が立地する自治体の首長の同意を得た上で、5月中の受け入れを目指している。

■協力できる数値 熊谷

 県が考えている震災がれきの処理は、被災した岩手県野田村とその周辺のがれき仮置き場の柱材などを現地で破砕し、JR貨物で県内へ運搬。セメント工場に搬入後、木くず焼成炉に入れて燃料としたり、焼却灰をセメントの原料にする。放射性物質濃度の測定は、この工程の中で7段階にわたって行われ、今回の実証試験では工場への搬入時や焼却後の排ガス、セメント製品の線量測定を行った。

 熊谷市三ケ尻の太平洋セメント熊谷工場では、今回の実証試験で岩手県野田村の木くず40トンを処理。まずコンテナに木くずが入った状態で、コンテナ側面の空間放射線量を測定。木くずを取り出して鉛製の箱に入れ、遮蔽(しゃへい)放射線量を測った。その後、ストックヤードに木くずを入れて、放射線量の変化を調べた。

 その結果、計測した三つのコンテナ側面の放射線量は毎時0・03から0・04マイクロシーベルトで、県の基準値の0・23マイクロシーベルトを大きく下回った。遮蔽放射線量は検出限界値未満。ストックヤードでは、木くずを搬入した後の方が線量が下がる結果となった。排出ガスとセメント製品の測定結果は後日出る予定。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: がれき

tag: 熊谷  日高  横瀬  木くず  基準値 
cm 0   tb 0   page top

【青森県が岩手県気仙沼の震災木くずを受け入れ、5自治体が合意書】 

情報元 東奥日報 魚拓

記事内容

東日本大震災で発生した宮城県気仙沼市の木くずを東北町の中間処理業者が受け入れるのを前に、17日、県、同町を含む関係5自治体が合意書を結んだ。木くずは、被災家屋を解体した角材など。気仙沼港から海上運搬され、23日に六ケ所村のむつ小川原港に搬入。村内に仮置きした後、中間処理業者が破砕し木材チップとして再利用する。
-- 続きを読む --

category: がれき

tag: 青森  岩手  木くず  被災 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。