06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【脱原発】なゆのヒトリゴト 

反原発!脱原発! 卒原発!。。。電力は足りているのに何故原発は存在するのか!? 3月11日以降の原発情報を追う 原発はもういらないっ!

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【全国の県庁所在市、政令指定都市、東京23区の計74自治体のうち約6割が給食セシウム検査を実施】 

引用

全国の県庁所在市、政令指定都市、東京23区の計74自治体のうち約6割が、東京電力福島第1原発事故を受けて、小中学校の給食やその食材の安全を確認するため放射性セシウムの検査をしていることが28日、共同通信の調査で分かった。
 政府が出荷前の食品検査を求めている東日本の青森から静岡までの17都県(計42区市)では、調査対象の自治体の約8割が検査を実施。それ以外の30道府県(計32市)では約3割にとどまっていた。
 国は4月1日から一般食品で1キログラム当たり100ベクレルなどとする新たな基準値を施行するが、7自治体はより厳しい基準値を設けていた。

中日新聞


ってことは、1年経って4割が測定していなかったってことですね?
やって当然のことを実行していることよりも、実行していなかった数値を見てみましょ

東日本の青森から静岡までの17都県(計42区市)で、約8割が検査を実施。
ってことは、2割が実施していなかったんですね
どこがやってなかったんだ?

やってるところは「やってるよ!」と声を大にして言ってるだろうから
それを追えばいいんだな
声をあげてないところがやってないところだな

・・・・端から見ていくか・・w
って、えええええええええええええ
17都県で区と市が42ってどういうこった!!!
学校給食は県の教育委員会がまとめてるんじゃないの?
なんで17都県で42区市なんて半端な数字になるんだ?

青森県の市だけで10件あるがな・・・
どういうことだああああああああああああああ

ちょっと調べてから、またまとめてブログにUPします
スポンサーサイト

category: 食品関連@給食

tag: 学校給食  放射能  測定 
cm 0   tb 0   page top

【福島県 本宮市と大玉村】また子供が犠牲になるのか!?【給食に地元の米を使用】 

以下記事内容

本宮市と大玉村は5日から、両市村の小中学校の給食に地元産の新米を使用する。本宮方部学校給食センターに放射性物質検査器を導入し、セシウムなど放射性物質が検出されなかった米だけを使用する。
 両市村はこれまで昨年生産された米を給食に使っていた。収穫時の早場米検査、予備検査、本検査で検出限界値未満だった地域で生産された地元産の玄米850俵を確保。玄米、白米それぞれの状態で検査し検出されなかった米のみを使用する。同測定器の検出限界値は1キロ当たり10ベクレル。
(2011年12月3日 福島民友ニュース

いくら安全とはいえ、子供が地産地消に参加する必要はないと思うのだが皆さんはどう思いますか?
政府の対応が悪いせいで、汚染する可能性が高いにも関わらず生産してしまったのは仕方ないかもしれない

だが、それを子供が給食で毎日食べる必要はない!!!
作った大人が!政府が!事故を起こした東電が!!食べていけばいいじゃないか
子供を犠牲にしないで頂きたい!!!
作る段階で可能性は0じゃなかったはず
こうなることは想定できていただろう
少しでも危険なものを子供に それも毎日食べさせるなんてどうかしてる

子供は嫌だとは言えない
学校で、食べないと先生にしかられると言う声も聞いた
食べないとしかられる!!!!!!!!
食べたくないのに 食べないとしかられるのだ!!!!!
子供の声をもっとちゃんと聞いてほしい
声が聞けないなら、聞いた大人の声をちゃんと受け止めて欲しい!!!

親は不安で仕方ないと思う
本当は、出来ることなら疎開したいだろう
だけど仕事やらお金やら色々な事情で疎開できない人もいるだろう
地元のしがらみや、年寄りや 色んなものから逃れられずにいる人もいる

自分たちは逃げないと言う年寄りに、自分たちをおいていくのか?と言われ
逃げたくても逃げれない人もいる
子供だけ疎開と言っても、それもままならない人もいる

それなら、せめて 安全な環境を作る努力を政府はして欲しい
欲しいじゃない!!!!するべきだ!!!!!!!
医療を無料にしたり そんなことで、足止めをしてる暇があったら
もっとするべきことがあるだろう!!!
まずは補償を!!早く補償を!!

今はしても仕方ないであろう除染なんてしなくていいから
まずは補償だ!!!!
そして隠蔽せず真実を伝えるべきだ!!

category: 食品関連@給食

tag: 福島県  学校給食  地元  お米  地産地消   
cm 0   tb 0   page top

続・被爆から子供を守れ!!!学校給食に関して 

今日の午前に書いたブログ こちら で、学校給食の放射能基準について述べました
この件について、先ほど文部科学省に問い合わせたところ以下のような回答を得た

【今回の報道について、まずは「報道のありかた」に問題があった。あたかも、食品の基準を40ベクレルに決定付けたような報道のあり方だったがそういう意味ではない。厚生労働省が、来春から基準値を変えようとしている中、現在学校給食の基準を計る計測器では役に立たないようなので、それに伴い現在100ベクレルまで対応できる計測機ではなく、40ベクレルまで計測できる精度の機器を選ぶことにしただけである。また、東北・関東甲信越の学校給食を対象にしているような報道をされているが、そうではなく 当然全国の学校に対しても同じように対応していく。今回の報道のあり方については、マスメディアに対して何らかの処置を取ることはないが、問い合わせが殺到しているので各々回答をしていくと共に、県などに通達しすべての自治体に通達できるようにしていく。】

東北・関東甲信越のみではなかったので少し不安は払拭された
ただ、この話でいくと40ベクレルになるのは来春以降になる
40という数字の出所は、厚生労働省が現在の5分の1にすると見込まれてるので
それに伴いはじき出した数字とのことでした。
現段階では40に決定したわけではないということ。

最後に愚痴を・・・
2回目の担当の方はとても丁寧に対応して下さった
が、1回目の方は最悪でした

まず、担当にまわしてもらうのだが
電話をとった1回目の方が「自分は担当ではないが、ずっと電話が鳴ってると業務に支障があるしほうっておくのもおかしいので仕方なく電話を取った」と言ったのだ
対応が乱雑で適当すぎるとは思いませんか!?

あまり腹立つことばかり続くと体によくないのでこのへんで・・・
皆さんにご報告でした。

category: 食品関連@給食

tag: 学校給食  基準値  測定器  厚生労働省  文部科学省 
cm 2   tb 0   page top

学校給食で地産地消するのはやめろ!!!子供を被爆から守るのは大人の義務だ!!! 

給食に放射能基準 1キロ40ベクレル 東日本17都県

上記のニュースに関して

以下抜粋

現行の暫定基準は、飲料水や牛乳・乳製品で1キロあたり200ベクレル、野菜や肉、魚、穀類は500ベクレルだが、文科省は「安全サイドに立ち、厳しい方(200ベクレル)の5分の1の数値を採用した」と説明している。調理前の食材を品目ごとに検査することを想定している。

 通知は東北・関東甲信越の全域と静岡の17都県に送られた。

この基準は東北・関東甲信越のみのもののようだ
以西に関してはどうなるんだろうか!?
以西でも給食のある学校も存在する
汚染された食品が以西に来る可能性はまったく否定できない!!!

私の住んでいる神戸でも、白菜やキャベツなど 茨城の物が沢山販売されている
東北・関東甲信越の子供も守らなくてはいけないが
当然関西・中国・九州の子供たちも守らなくてはいけない!!

それでなくても、関西で瓦礫を受け入れると言い出してるというのに
何故 東北・関東甲信越の給食だけ基準値が設定されるのか!?
おかしいとは思わないか??

また、福島二本松の学校給食地産地消のため現地のお米を給食に使用すると言う
このニュースを聞いて私は愕然とした、と同時に腹立たしくて仕方ない
作ったのなら作った人が食べればいいではないか!!
何故、子供に食べさせる必要があるのか!?
こんなことで何かを学ぶ必要はまったくない!!!
子供を犠牲にするな!!!マジでやめてくれ!!!!

進ちゃんのブログ


category: 食品関連@給食

tag: 福島県  学校給食  地産地消   
cm 0   tb 0   page top

福島市、給食材料の放射線検査開始 週1~月2回 

福島市、給食材料の放射線検査開始 週1~月2回

福島市教育委員会は1日から、市立の小中学校と特別支援学校計73校の給食の材料について、放射性物質の測定検査を始めた。

 4カ所の学校給食センターに測定器を配備。センターが配食する47校は週1回、学校独自に給食を作る26校は材料を持ち込んで月2回、生鮮食品を中心に5、6品目を測定する。結果は当日午後に市のホームページで公表する。

 検出限界値は1キロあたり20ベクレル。検査は調理と並行して行い、国の食品の暫定基準値(肉や野菜ならセシウムで1キロあたり500ベクレル)を超える食材があれば、その材料を使った料理の当日の配食はやめる。1日は小学校3校で使われる鶏肉、ハクサイ、豆腐などが調べられ、いずれも検出できる値未満だった。

 市教委は「すでに実施中の農産品などの線量調査に加え、安全、安心の確認に役立てる」としている。

ソース元:朝日新聞

category: 食品関連@給食

tag: 福島市  学校給食  放射能汚染  検査  原発事故 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。